• トップ
  • リリース
  • タケロボ、IBM Watsonエコシステムプログラムに参加 ロボットとIBM Watsonを連携し利用シーンを拡大

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

タケロボ株式会社

タケロボ、IBM Watsonエコシステムプログラムに参加 ロボットとIBM Watsonを連携し利用シーンを拡大

(@Press) 2016年07月19日(火)12時00分配信 @Press

 サービスロボットの開発、販売を手掛けるタケロボ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:竹内 清明、以下 タケロボ)は、ソフトバンク株式会社が日本アイ・ビー・エム株式会社と共同で展開する、「IBM Watsonエコシステムプログラム(※1)」の契約を締結しましたので、お知らせ致します。


 IBM Watsonエコシステムプログラムには、IBM Watson(※2)を活用したアプリケーションやサービスを提供する「ビジネスパートナー」とIBM Watsonを活用したアプリケーションの開発や導入に関するコンサルティング、技術支援を行う「テクノロジーパートナー」の2種類があり、弊社はその両方に選定されました。今後は、弊社のロボットとともに、以下に紹介するIBM Watsonの提供ならびに開発を行ってまいります。

 弊社が提供しているロボコット(※3)などのロボットは、ロボット単体での稼働に加え、ITシステムと連携した稼働も得意としています。ロボット単体の稼働においては、これまでのタッチ画面、表情、音声発声、駆動、などでのやりとりに加え、IBM Watsonによる自然言語対話でのコミュニケーションも可能(図I)になり、利便性が大幅に向上するとともに、利用シーンの拡大が見込まれます。

 ロボットとITシステムが連携した場合において、IBM Watsonと接続することにより、自然言語対話のみならず、IBM Watsonの高度な分析能力の発揮が見込まれます。弊社は同じグループ(※4)にアイアクト社、スプラシア社の2社のシステム会社があり、ロボットとITシステムをトータルに提供することが可能です。ロボットのセンサー、画面、対話、などにより取得する多様なデータとITシステムが保有するビッグデータを合わせ、IBM Watsonで分析(図II)することにより、従来のシステムでは導くことができなかった新たな発見を期待することができます。

 今回のIBM Watsonエコシステムプログラムへの参加により、ロボットとITシステムに加えIBM Watsonを提供することで、より一層、多くの方々に喜ばれ、役立つロボット、システム、サービスの提供に取り組んでまいります。


(図I) ロボット単体にIBM Watsonを連携させ自然言語会話を実装
https://www.atpress.ne.jp/releases/107852/img_107852_1.jpg

(図II) IBM Watsonを用いた高度な分析
https://www.atpress.ne.jp/releases/107852/img_107852_2.jpg


(※1) IBM Watsonエコシステムプログラム
詳細につきましては、以下のURLをご参照頂きますよう、お願い致します。
http://tm.softbank.jp/watson/partner/

(※2) IBM Watson
詳細につきましては、以下のURLをご参照頂きますよう、お願い致します。
http://ibm.biz/watsonjp

(※3) ロボコット
詳細につきましては、以下のURLをご参照頂きますよう、お願い致します。
http://www.takerobo.co.jp/robocot/

(※4) 博展グループ
株式会社博展のグループ会社には、タケロボ株式会社ならびにITシステムの開発、提供を行う、株式会社アイアクト、株式会社スプラシアの3社があり、各社の詳細につきましては、以下のURLをご参照頂きますよう、お願い致します。
http://www.hakuten.co.jp/
http://www.takerobo.co.jp/
http://www.iact.co.jp/
http://www.sprasia.co.jp/


IBM Watsonは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る