• トップ
  • リリース
  • Nisshaグループの日本写真印刷コミュニケーションズ、 エネルギー小売事業用『パーソナライズド動画システム』を開発

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社

Nisshaグループの日本写真印刷コミュニケーションズ、 エネルギー小売事業用『パーソナライズド動画システム』を開発

(@Press) 2016年07月14日(木)21時00分配信 @Press

Nisshaグループの日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社(以下、日本写真印刷コミュニケーションズ)は、株式会社サイサン(以下、サイサン)と協力し、独自のパーソナライズド動画ソリューション「OneDouga」(ワンドウガ)の新サービスとして、エネルギー小売事業用パーソナライズド動画を作成・配信するシステムの開発に着手しました。配信は8月を予定しています。
7月29日(金)渋谷クロスタワーにて開催されるターゲットメディア株式会社主催のセミナー&カンファレンス「最新 動画マーケティング攻略セミナー」では、今回採用された本システムの発表を予定しています。

OneDougaホームページ
http://www.onedouga.jp

最新 動画マーケティング攻略セミナー(セミナー&カンファレンス)
http://www.marke-media.net/seminar/semicon2016_07/

■開発の背景

2015年10月のサービスリリース以来、日本写真印刷コミュニケーションズのパーソナライズド動画ソリューション「OneDouga」は、これまで企業毎にカスタマイズしたソリューションを提供してきました。
そのソリューションが、サイサンの“ミネラルウォーター宅配事業「Water One」(ウォーターワン)の活性化をはかりたい”、“電力自由化に伴う電気事業「Ene One」(エネワン)の活性化もはかりたい”、という企業ニーズを捉え、本システム開発を着手するに至りました。

■サービス概要(開発予定)

1.お客さま一人ひとりに対して配信できる、パーソナライズド動画
Water Oneのお客さま一人ひとりの居住地や電気使用量の実態に合わせて、Ene Oneの料金を提案することが可能
2.Eメール配信
パーソナライズド動画が視聴可能なURLを、サイサンがEメールにて配信

■日本写真印刷コミュニケーションズとそのサービスについて

・日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社
2015年4月、日本写真印刷(株)[東証一部上場]の子会社として設立され、日本写真印刷(株)の情報コミュニケーション事業を運営しています。
http://www.nissha-comms.co.jp

・OneDouga
OneDougaは、日本写真印刷コミュニケーションズが開発した、パーソナライズド動画ソリューションです。
「全てのOne to Oneコミュニケーションに動画を。簡単に、そして自由に。」
2015年10月より、このスローガンの下、動画生成エンジンPRISMを活用したパーソナライズド動画ソリューションを提供してきました。OneDougaの特長の一つは、大企業向けのカスタマイズモデルです。当社は、他のベンダーと異なり、マーケティング、動画、システム、WEB、運用のリソースをワンストップで企業へ提供することが可能です。また、パーソナライズド動画領域における日本初の試みにも日々チャレンジしています。
http://www.onedouga.jp

■サイサンとそのサービスについて

・株式会社サイサン
1945年10月創業、1954年9月設立。ホームエネルギーパートナー・ガスワングループとしてガスエネルギー「Gas One」供給・販売のほか、ミネラルウォーター「Water One」宅配事業、電気事業「Ene One」も運営しています。
http://www.saisan.net

・Water One
サイサンによる、ミネラルウォーターの宅配事業。富士山・南阿蘇・沖縄・島根の採水地から、本来のおいしさを新鮮なままボトリングして、ご家庭にお届けしています。
http://waterone.jp

・Ene One
サイサンによる、電力自由化に伴う新事業。法人だけでなく、ご家庭向け電気についてもより良いサービスをご提供しています。
http://saisan.net/saisan/pps2/index.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る