プレスリリース

アートアワードトーキョー 丸の内 2016実行委員会、三菱地所株式会社

『アートアワードトーキョー 丸の内 2016』  

(@Press) 2016年07月13日(水)11時00分配信 @Press

 アートアワードトーキョー 丸の内 2016実行委員会は、7月25日(月)から8月3日(水)の期間、丸ビル1階マルキューブ・3階回廊において「アートアワードトーキョー 丸の内 2016」(以下、a.a.t.m.)を開催します。

 今年で第10回を迎えるa.a.t.m.は、若手アーティストの発掘・育成を目的とした現代アート展です。全国の主要な美術大学・芸術大学・大学院の卒業制作129点の中から選抜した、20作品を展示。初日の7月25日(月)に、審査員による公開審査を実施し、グランプリや審査員賞など全10賞を決定します。

 本年度は、丸ビル1階マルキューブに加えて、吹き抜けの3階回廊も会場として拡大し開催。展示作品は、高さ約4メートルの大型な木の彫刻(画像1)からデジタルを活用したアニメーション作品(画像2)、その他ジャンルを限定せず、絵画、彫刻、映像作品など、多種多様な幅広い現代アートを展示します。

 過去9回のa.a.t.m.で紹介したアーティストは約320名に及び、現在では日本国内のみならず海外のアートフェスティバルや展覧会に参加するなど、活躍の場が広がっています。今回は10周年を記念して、過去の受賞者の作品やコメントなどを映像で紹介する記念コーナーを設けます。

 丸の内では今後も、文化・芸術の発信地としてアートとの出会いの場を創り出し、若いアーティスト達の可能性を広げていきます。

◆「アートアワードトーキョー 丸の内 2016」開催概要
開 催 日 程 :7月25日(月)〜8月3日(水) 会期中無休
開 催 場 所 :丸ビル1階マルキューブ、3階回廊 (東京都千代田区丸の内2-4-1)
入   場 :無料
主   催 :アートアワードトーキョー 丸の内 2016実行委員会
特 別 協 賛 :三菱地所株式会社
協   賛 :shu uemura
後   援 :三菱一号館美術館、在日フランス大使館
お 問 合 せ :アートアワードトーキョー 丸の内 2016実行委員会事務局
ホームページ:http://www.artawardtokyo.jp

【公開最終審査会】
開 催 日 時 :7月25日(月)13:00〜(予定) 
 ※審査員が会場で作品審査を行います。
開 催 場 所 :丸ビル1階マルキューブ、3階回廊

【アワード各賞】
・グランプリ(1名):賞金20万円/三菱一号館美術館歴史資料室での作品展示
・審査員賞(6名):賞金5万円
・三菱地所賞(1名):三菱一号館美術館歴史資料室での作品展示
・シュウ ウエムラ賞(1名):
 シュウ ウエムラのソーシャルネットワーキングサービスや広報活動等を通じた受賞者の紹介
・フランス大使館賞(1名):アンスティチュ・フランセ東京 エントランス・ホールでの作品展示

審査員の紹介 ※50音順
■今村 有策(トーキョーワンダーサイト館長)
■木村 絵理子(横浜美術館主任学芸員)
■後藤 繁雄(編集者、クリエイティブディレクター、京都造形芸術大学教授)
■小山 登美夫(小山登美夫ギャラリー代表、明治大学国際日本学部特任准教授)
■高橋 明也(三菱一号館美術館館長)
■建畠 晢(多摩美術大学学長、埼玉県立近代美術館館長)
■野口 玲一(三菱一号館美術館学芸グループ長)

◇10周年記念 アーカイブス スライドショー
 今年で10回目を迎えるa.a.t.m.の過去9回における展示の様子や、受賞作品・受賞者のコメント等をスライドショーでご紹介します。日本国内のみならず海外のアートフェスティバルや展示会に参加するなど、活躍の場が広がる受賞者の様子をご覧ください。

<本件に関する一般の方のお問合せ先>
丸の内コールセンター TEL:03-5218-5100 (11:00〜21:00)
※但し、日曜・祝日は20:00まで (連休の場合は最終日のみ20:00まで)

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る