• トップ
  • リリース
  • 9割以上がその美味しさに納得、コンビニのソフトクリーム!人気の秘訣は「美味しさ」「手軽さ」「価格の安さ」 コンビニのソフトクリームに期待する価格は184円まで!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ジーユーエヌ

9割以上がその美味しさに納得、コンビニのソフトクリーム!人気の秘訣は「美味しさ」「手軽さ」「価格の安さ」 コンビニのソフトクリームに期待する価格は184円まで!

(@Press) 2016年07月20日(水)11時00分配信 @Press

株式会社ジーユーエヌは、3ヶ月に1回以上アイスを食べている全国の10〜60代の男女1,200人に、アイスに関する意識調査を実施しました。「アイス好き」は9割以上(94.0%)となり、数あるアイスの中では「注文式ソフトクリーム」が「購入経験」「食経験」「好意度」の3項目全てで最も高い結果となりました。(それぞれ95.7%、96.1%、87.8%)

注文式ソフトクリームのイメージは「美味しい」が84.3%で最も高く、「値段が高い」が38.8%でこれに次ぎました。一方、コンビニで販売している注文式ソフトクリームのイメージは「美味しい」が55.6%で同様に最も高く、「手軽に買える(33.7%)」「身近(24.9%)」がこれに次ぎました。

コンビニの注文式ソフトクリームの食経験者の9割以上(90.9%)が、食べたソフトクリームを「美味しい」と評価しました。また、コンビニの注文式ソフトクリームに求める要素は「美味しさ(55.0%)」に次いで「手軽さ(44.7%)」「価格の安さ(39.1%)」が上位項目となり、美味しさと併せコンビニならではの手頃さが求められていることがわかりました。

「アイス」「注文式ソフトクリーム」「コンビニの注文式ソフトクリーム」のそれぞれにかけられる許容価格を聞いたところ、「アイス」は安価と高価の2極化の傾向が示され、平均許容価格は211円となりました。「注文式ソフトクリーム」は高めの価格帯が支持され、平均は235円となりました。「コンビニの注文式ソフトクリーム」は安めの価格帯が支持され、平均は184円となりました。

現在、注文式ソフトクリームを提供しているコンビニは“サークルKサンクス”と“ミニストップ”の2社で、それぞれの店舗数(2016年5月末現在)は約6,200店舗、約2,200店舗となり、また、販売価格(2016年7月20日現在)は【148円〜204円(税込)】、【220円(税込)】となっています。今回の調査結果からコンビニの注文式ソフトクリームには「手軽さ」と「安さ」が求められ、その許容価格が184円であることが明らかとなり、店舗数と販売価格で勝るサークルKサンクスが注文式ソフトクリーム市場では有利と言えそうです。

https://www.atpress.ne.jp/releases/107505/img_107505_1.jpg


■調査トピックス
(1) 1番人気はソフトクリーム!「購入経験」「食経験」「好意度」で3冠王
(2) アイスはやっぱり暑い時!女性は疲れた時にも欲しくなる!ソフトクリームはレジャースポットで!
(3) ソフトクリームを食べる時、過半数が“コーン”を支持!“カップ”は若い女性に人気!
(4) ソフトクリームのイメージは“美味しい高級品”コンビニのソフトクリームは“身近で手軽”
(5) 9割以上がコンビニのソフトクリームの美味しさに納得!3大要素は「美味しさ」「手軽さ」「価格の安さ」
(6) アイスは「安さ重視」と「プチ高級志向」の2極化か!?コンビニのソフトクリームは184円まで!


(1) 1番人気はソフトクリーム!「購入経験」「食経験」「好意度」で3冠王
『アイスが好きか』と聞いたところ、「好き」「どちらかと言えば好き」は全体で94.0%となりました。また、『購入したことがある』『食べたことがある』『好き』なアイスの種類を聞いたところ、いずれも「注文式ソフトクリーム」が最も高く(それぞれ95.7%、96.1%、87.8%)、一方で「ハンディタイプのアイス」がいずれも最も低い(それぞれ59.4%、62.3%、37.6%)結果となりました。

https://www.atpress.ne.jp/releases/107505/img_107505_2.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/107505/img_107505_3.jpg


(2) アイスはやっぱり暑い時!女性は疲れた時にも欲しくなる!ソフトクリームはレジャースポットで!
『アイスを食べたくなる時』を聞いたところ、全体で「暑い時」が83.3%で最も高く、「甘いものが食べたくなった時」が59.8%でこれに次ぎました。全体で4番目に高い「疲れた時(36.1%)」の項目は男女差が最も大きく、男性が28.3%に対し女性が43.8%と15ポイントの差があり、女性は疲れた時にもアイスが食べたくなることがわかりました。
同様に『注文式のソフトクリーム(以下:ソフトクリーム)を食べたくなる時』を購入・食経験者に聞いたところ、「暑い時」が68.7%で最も高く、「レジャースポットに行った時(55.2%)」「甘いものが食べたくなった時(53.4%)」「商業施設に行った時(44.0%)」がこれに次ぎました。ソフトクリームはレジャースポットや商業施設に行った時など、特別な場所で食べられる傾向が明らかになりました。

https://www.atpress.ne.jp/releases/107505/img_107505_4.jpg


(3) ソフトクリームを食べる時、過半数が“コーン”を支持!“カップ”は若い女性に人気!
ソフトクリームの購入・食経験者に対し『ソフトクリームを食べる時はカップかコーンか』を聞いたところ、「コーン」「どちらかと言えばコーン」は全体で54.9%と過半数を越え、ソフトクリームはコーン派が多いことがわかりました。コーン派は男女差があまり見られなかった一方で「カップ」「どちらかと言えばカップ」は男性が20.8%、女性が31.9%と11ポイントの差が見られ、カップ派は女性に多いことがわかりました。さらに女性を年代別に見てみるとカップ派は若い世代に多くみられ(10代 39.0%、20代 50.0%、30代 34.0%)特に女性20代では「カップ派」が50.0%、「コーン派」が39.8%と唯一カップ派がコーン派を上回る結果となりました。

https://www.atpress.ne.jp/releases/107505/img_107505_5.jpg


(4) ソフトクリームのイメージは“美味しい高級品”コンビニのソフトクリームは“身近で手軽”
ソフトクリームの購入・食経験者に対し『ソフトクリームのイメージ』を聞いたところ、全体で「美味しい」が84.3%と最も高く、「値段が高い」が38.8%でこれに次ぎました。また、「本格的」も29.0%で上位項目となり(4番目)、ソフトクリームのイメージは“美味しい高級品”ということがわかりました。
また、比較的安価な『コンビニの注文式ソフトクリーム(以下:コンビニのソフトクリーム)のイメージ』を購入・食経験者に聞いたところ、全体で「美味しい」が55.6%で最も高く、次いで「手軽に買える(33.7%)」「身近(24.9%)」となりました。“高級品”のイメージが強いソフトクリームですが、コンビニのソフトクリームは“身近で手軽”なものと認識されていることがわかりました。

https://www.atpress.ne.jp/releases/107505/img_107505_6.jpg


(5) 9割以上がコンビニのソフトクリームの美味しさに納得!3大要素は「美味しさ」「手軽さ」「価格の安さ」
コンビニのソフトクリームの食経験者に『コンビニのソフトクリームが美味しいと思うか』について聞いたところ、「美味しい」「やや美味しい」は全体で90.9%となり、9割以上の人がコンビニのソフトクリームの美味しさに納得していることがわかりました。
また『コンビニのソフトクリームに求めること』を聞いたところ、全体で「美味しさ」が55.0%と最も高く、次いで「手軽さ(44.7%)」「価格の安さ(39.1%)」となりました。コンビニのソフトクリームには、美味しさに加え、コンビニならではの手軽さや低価格が求められていることがわかりました。

https://www.atpress.ne.jp/releases/107505/img_107505_7.jpg


(6) アイスは「安さ重視」と「プチ高級志向」の2極化か!?コンビニのソフトクリームは184円まで!
『アイスにかけられる価格』について聞いたところ、「200円まで」が23.2%で最も高く、「150円まで」が22.3%でこれに次ぎ、比較的安価を支持する層が多い一方で、「300円まで」も21.6%と高く、少々贅沢なプチ高級志向の層も多く、許容価格が2極化していることがわかりました。また、平均許容価格は211円となりました。
『ソフトクリームにかけられる価格』について聞いたところ、300円までが27.3%と最も高く、また平均許容価格が235円となることから、比較的高価格に寛容なことがわかりました。
同様に『コンビニのソフトクリームにかけられる価格』を聞いたところ、「200円まで」が30.4%と最も高く、「150円まで」が25.8%でこれに次ぎ、また平均許容価格は184円となり、コンビニのソフトクリームには比較的安価を望むことがわかりました。
現在、注文式ソフトクリームを提供しているコンビニは“サークルKサンクス”と“ミニストップ”の2社で、その販売価格(2016年7月20日現在)はサークルKサンクスが【148円〜204円(税込)】、ミニストップが【220円(税込)】であり、平均許容価格:184円を満たすのはサークルKサンクスであることがわかりました。

https://www.atpress.ne.jp/releases/107505/img_107505_8.jpg

※平均許容価格は「『100円まで』を80円」、「『150円まで』を125円」、「『200円まで』を175円」、「『250円まで』を225円」、「『300円まで』を275円」、「『400円まで』を350円」、「『それ以上』を500円」として算出


今回の調査から、アイスの中では注文式のソフトクリームが最も人気があり、「美味しい高級品」というイメージである一方で、コンビニの注文式ソフトクリームは「美味しいながらも手軽で身近」というイメージが強く、「美味しさ」「手軽さ」「価格の安さ」が求められていることが明らかになりました。
また、「アイス」「注文式ソフトクリーム」「コンビニの注文式ソフトクリーム」のそれぞれにかけられる平均許容価格は、それぞれ211円、235円、184円であることが明らかになりました。
現在、コンビニで注文式ソフトクリームを提供している“サークルKサンクス”と“ミニストップ”の国内店舗数(2016年5月末現在)はそれぞれ約6,200店舗、約2,200店舗であり、また、販売価格(2016年7月20日現在)はそれぞれ【148円〜204円(税込)】、【220円(税込)】であることから、店舗数と販売価格で勝るサークルKサンクスの方が注文式ソフトクリーム市場では有利となる条件が揃っていると言えそうです。


<調査概要>
調査方法:インターネット調査
調査期間:2016年6月10日(金)〜12日(日)
調査対象:アイスを3ヶ月に1回以上食べている
     10代、20代、30代、40代、50代、60代の男女、
     各100名:合計1,200名


【本件に関する問い合わせ】
株式会社ジーユーエヌ 広報事務局
TEL : 03-3403-2120
email: pr@zun.co.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る