• トップ
  • リリース
  • 二酸化炭素を再摂取しない酸素マスク シェアの大半を供給する中国で形状意匠登録

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ジーエムピージャパン

二酸化炭素を再摂取しない酸素マスク シェアの大半を供給する中国で形状意匠登録

(@Press) 2016年07月13日(水)11時00分配信 @Press

酸素マスクや酸素濃縮器で過剰の二酸化炭素を摂取しない「shenpix CO2 Free System」を国内販売する株式会社ジーエムピージャパン(所在地:群馬県前橋市、代表取締役社長:山本 正彦)は、系列の開発会社が二酸化炭素を再摂取しない酸素マスク『shenpix CO2 Free Mask』を、世界中で使われる酸素マスクの大半を供給する中国で形状意匠登録したことを発表いたします。
すでに、日本、EU28ケ国でも登録済みで、現在、アメリカ、韓国、台湾でも申請しており数ヶ月以内に世界の主要国において『shenpix CO2 Free Mask』の形状意匠登録が完了する見込みです。

製品詳細URL: http://www.gmp-japan.com/o2/


また、酸素濃縮器で酸素と共に通常の4〜4.7倍に濃縮された過剰の二酸化炭素を除去するフィルター「shenpix CO2 Filter」が、日本で形状意匠登録を取得したことも発表いたします。この「shenpix CO2 Filter」は日本で特許、中国で実用新案の申請をしていますが、世界中に酸素濃縮器を供給する中国においては2ヶ月以内に登録される見込みです。


■酸素マスク『shenpix CO2 Free Mask』とは
従来の酸素マスクは鼻(吸気=酸素)と口(呼気=二酸化炭素)を一体的に覆うため吸気と呼気がマスク内で混ざり呼気に含まれる高濃度の二酸化炭素(常に2,500ppm程度がマスク内に残留)を再摂取することが医療分野でも問題視されていました。『shenpix CO2 Free Mask』はこの問題の解決のため、マスク内で鼻部分と口部分を仕切って、呼気をマスク外に排気するため、吸気と呼気が混ざることを抑制した酸素マスクです。


■二酸化炭素除去フィルター「shenpix CO2 Filter」とは
酸素濃縮器用二酸化炭素除去フィルター「shenpix CO2 Filter」は、電源が不要で世界中の酸素濃縮器に簡単に接続して使用可能です。世界中の酸素濃縮器は医療用・非医療用を問わず、同じ原理で空気中の窒素だけを取り除いて濃縮するため、空気中の二酸化炭素も酸素と同じ比率で濃縮されています。濃縮率は4〜4.7倍で、通常の室内は500ppm程度なため、2,000〜2,350ppmに濃縮された二酸化炭素を吸っていることになります。「shenpix CO2 Filter」はこの濃縮された二酸化炭素を、二酸化炭素吸収剤を利用して除去するものです。

ちなみに厚生労働省は建築物環境衛生管理基準で室内の二酸化炭素上限値を1,000ppmとし、対策を講じるよう指導しています。

現在、同じ形状意匠登録を利用した医療用ディスポーザブル酸素マスクの申請をしています。


■標準価格(税別)
CO2 Free Mask :¥1,800-
CO2 Filter   :¥7,000-
CO2 Free System:¥8,800- (CO2 Absorbent1ヶ月分・接続用チューブ含む)
CO2 Absorbent(3ヶ月分・二酸化炭素吸収剤):¥6,420-

ご購入方法:
1.酸素濃縮器をお求めになられたご購入先にお問い合わせ下さい。
2.株式会社はつが のホームページ http://www.hatsuga-corp.jp/o2/ からも購入が可能です。

詳細URL: http://www.gmp-japan.com/o2/


■今後の展望
株式会社ジーエムピージャパンは、これらの製品を普及するため呼吸器学会加盟の893病院の担当医師にサンプルを送付した他、各地で行われる医療関連の展示会に出展を計画しています。系列のシェンペクス・インターナショナル株式会社は世界に向けて「No more CO2!」をスローガンに、このオンリーワン商品を世界に普及するため、アメリカの酸素濃縮器販売会社にサンプルの出荷を開始しました。順次、世界の呼吸器学会やEU28ケ国にもサンプルの出荷を開始します。


■会社概要
商号  : 株式会社ジーエムピージャパン
代表者 : 代表取締役社長 山本 正彦
所在地 : 〒379-2146 群馬県前橋市公田町590
設立  : 2002年7月
事業内容: 健康関連商品の卸
資本金 : 3,000万円
URL   : http://www.gmp-japan.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る