• トップ
  • リリース
  • マクラーレン・ホンダとNTTコミュニケーションズ、テクノロジー・パートナーシップ契約を締結

プレスリリース

  • 記事画像1

McLaren-Honda、NTTコミュニケーションズ株式会社

マクラーレン・ホンダとNTTコミュニケーションズ、テクノロジー・パートナーシップ契約を締結

(@Press) 2016年07月08日(金)16時00分配信 @Press

 McLaren-Honda F1チーム(本拠地:英国、ウォーキング、以下:マクラーレン・ホンダ)とNTTコミュニケーションズ株式会社(以下:NTT Com)は、2016年7月8日より3年間のテクノロジー・パートナーシップ契約を締結します。

 これにより、マクラーレン・ホンダとNTT Comは、ネットワークやクラウド、IoT、データ収集や解析に係る最新の技術を用いて、F1チームを支えるために最適なパフォーマンスを持つICT基盤の構築に向け、相互に協力を開始します。
 その第一弾としてNTT Comは、レース会場であるサーキットとテクニカルセンター間など、国を越えて飛び交うレースデータなどの収集や解析、結果の伝達などを、即時かつ確実に実行できるICT基盤(ネットワーク、クラウド、NFV(*1)、一元運用など)を、今秋より、マクラーレン・ホンダを含むマクラーレングループに対し順次提供を開始します。

 マクラーレンは、本年F1チーム創立50周年を迎えました。この新しいパートナーシップは、クラウド、モビリティ、そしてピープル・セントリックなサービスにフォーカスした新しいIT戦略を支えるものとなります。

[パートナーロゴ]
https://www.atpress.ne.jp/releases/107291/img_107291_1.jpg

[ロン・デニス(CEO)&庄司 哲也(CEO)]
https://www.atpress.ne.jp/releases/107291/img_107291_2.jpg


1. 両社からのコメント
<Chairman and CEO, McLaren Technology Group ロン・デニス>
 高い技術力とブランド力を誇るマクラーレン・ホンダのパートナーに、NTT Comを招くことができとても嬉しく思います。NTTは、日本での電信サービスの提供以来、技術と共に実績を積み上げてきました。一方マクラーレンは、イノベーションと共に歩んできました。マクラーレンの絶え間ない革新のため、信頼に値する、そしてコミュニケーション技術をリードするNTT Comと、力を合わせて歩んでいきたいと思います。
 私たちマクラーレン・ホンダは、NTT Comが提供する、大容量のデータ通信を柔軟かつ安定的に実現するICT基盤により、遅延なく必要なシステムやデータにアクセスすることができるようになるのです。

<NTT Com 代表取締役社長 庄司 哲也>
 モータースポーツ界の革新のシンボルでもあるマクラーレン・ホンダのテクノロジー・パートナーとなったことに興奮しています。NTTの技術力は多岐にわたって深く、マクラーレンの卓越した成果は世の中に広く知られるところです。このパートナーシップが、両社のイノベーションのDNAの下、マクラーレン・ホンダのF1レースにおけるデジタルデータ収集と活用を変革し、モータースポーツレーシング自体の革新につなげていけると信じています。


2. 今秋より提供開始予定の新たなICT基盤について
 マクラーレンは、F1のレース会場や走行中のレース車両などから取得される大量のデジタルデータが、より早くかつ確実に、ウォーキング(英国)のMcLaren Technology Centreなどを含めた世界中のデータ分析・支援拠点へ伝送されるICT環境を必要としていました。各拠点からのデータ解析結果が、確実にレース会場へ共有され、最速で対策を実行できることは、レーシングチームのパフォーマンスにも影響します。

 そのためNTT Comは、英国、スペイン、米国、シンガポール、日本などの国のマクラーレンの拠点間を、国際ネットワーク及びNFV(*1)サービス(Arcstar Universal One)で接続します。本サービスは、週末のレース中に、レーシングカーなどから収集し発生する大容量のデータを、リアルタイムにマクラーレンの技術チームまで伝送し、即座に分析結果をレースに反映するために不可欠なネットワークとなります。また、NTT Comは今後、マクラーレンのICT基盤自体の柔軟性や信頼性をエンドーエンドで向上させるため、拠点間ネットワーク(WAN)と各拠点内ネットワーク(LAN)の管理を統合していく予定です。

 さらにNTT Comは、マクラーレンの事業の柔軟性や技術変革の加速に向け、多くの企業のクラウドサービスへの移行をリードしてきた知見を活かし、用途によって共有型・専有型、双方から選択できるクラウドサービス(Enterprise Cloud)と、他社サービス含め複数のクラウド基盤をお客さまが一元的に管理可能なCMP(Cloud Management Platform)を提供します。


3. 今後について
 両社は、マクラーレン・ホンダのF1でのパフォーマンス向上のため、先進技術の研究開発を共同で進めます。


<マクラーレン・ホンダ F1チームについて>
 1963年のF1参戦以来、マクラーレン・レーシングはグランプリレーシングにおいて最も成功を収めたチームです。彼らはF1を象徴するような革新的なマシンを製作してきました。

 マクラーレンはサリー州ニューモルデンで発祥。ブルース・マクラーレンがF1マシンのデザインや製作を行うために少数精鋭の職人を集め、彼の名前を冠するレースカーの製作を開始しました。いまでは、ウォーキングにあるマクラーレン・テクノロジー・センターに3,000人を超える従業員を擁し、チームに関わるすべての運営をここで行っています。少数精鋭から始まったのを考えると、これは信じられないほどの変革です。モータースポーツにおいてもビジネス同様の成功を収めています。

 ブルース・マクラーレンが1966年のモナコグランプリでF1デビューを果たして以来、マクラーレン以上に勝利したF1チームはありません(182勝)。マクラーレンは50年以上にわたってF1に参戦していますが、その間にドライバーズワールドチャンピオンを12回、コンストラクターズワールドチャンピオンを8回獲得しています。その他、1967年から1972年にかけて北アメリカで開催されていたカンナムシリーズで43回も勝利し、インディ500においても1972年から1976年の間で3回勝利しています。1995年、ル・マン24時間レースにも初挑戦し勝利を収めています。

 エマーソン・フィッティパルディ、ジェームス・ハント、ニキ・ラウダ、アラン・プロスト、アイルトン・セナ、ミカ・ハッキネンとルイス・ハミルトン、これらのマクラーレンの偉大なチャンピオンたちはモータースポーツにおいて伝説になっています。

 2016年、マクラーレン・ホンダは2005年と2006年にワールドチャンピオンを獲得したフェルナンド・アロンソと2009年にワールドチャンピオンを獲得したジェンソン・バトンの2人のドライバー、MP4-31のF1マシンでワールドチャンピオンシップに挑みます。


*1 Network Functions Virtualisationの略
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る