• トップ
  • リリース
  • 健康志向と禁煙ブームで30代を中心に人気が拡大!渋谷の次世代型『電子タバコ専門店』がリニューアル

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社Vaping Ape Japan

健康志向と禁煙ブームで30代を中心に人気が拡大!渋谷の次世代型『電子タバコ専門店』がリニューアル

(@Press) 2016年10月21日(金)10時30分配信 @Press

株式会社Vaping Ape Japan(所在地:東京渋谷区、代表取締役:安藤 惠一)は、30代を中心に人気が拡大している電子タバコの専門店『Vaping Ape Tokyo(ヴェイピング エイプ トウキョウ、所在地:東京都渋谷区)』をリニューアルオープンしました。

『Vaping Ape Tokyo』: http://www.vapingapetokyo.com/


【リニューアルの背景】
日本における電子タバコ産業は、2015年度ですでに50億円を超え、フィリップモリス社製電子タバコ「iQOS(アイコス)」の登場により、市場成長はさらに加速しています。

薬事法の規制により、ニコチンフリーの電子タバコ製品でここまで市場が加速している国は世界的に見ても珍しく、日本における今後の電子タバコ産業は、全世界から注目が集まっています。昨今の健康志向や禁煙ブームも重なり、タバコ離れ世代の若者から禁煙を志す大人まで利用しています。

2014年に営業を開始した当店も、2015年に年商が8,000万円に到達しました。日本の電子タバコ産業の行方に関する取材依頼をいただくなど、人気を博しています。

今回のリニューアルに伴い、コンクリート壁面を一部レンガ調にしてアンティーク感を演出。フレーバーリキッドの種類と数の増量に伴い、棚も増設いたしました。店内には、30種類以上の電子たばこ機器と100種類以上のフレーバーを用意しています。


【人気の背景】
<ハリウッドセレブも愛用!セレブアメリカでは1兆円産業>
アメリカでの電子タバコ市場規模は1兆円を超え、今や多くのハリウッドセレブ、そして日本の有名人にも愛用されています。電子タバコの本場 アメリカの人気店に勤めていたオーナーが豊富な品揃えの中、確かな知識と技術のもとお客様のニーズにあった商品選びをお手伝いをさせていただきます。

<受動喫煙による大切なパートナーや子どもを健康被害から守る!>
アメリカの研究機関「Public Health Office」は、電子タバコからの副流煙による受動喫煙の健康被害はなく、その副流煙の成分は大気中の成分とほぼ変わらないと報告しています。電子タバコは、喫煙者自身やその周囲の大切なパートナー、子どもの健康も考えることのできる思いやりの詰まったタバコです。

<30代を中心に人気が拡大!周りを気にせず楽しめる>
使用者の多くは主に男性、女性ともに30代が多く、肩身の狭い思いを強いられる現代社会の喫煙者や、体臭・口臭・部屋の匂いやヤニによる汚れを気にされる営業職や接客業の方、健康被害を考え禁煙を志す健康志向の方々です。また、タバコ離れ世代の若者にもスタイリッシュな喫煙具としてお使いいただいています。

<電子タバコの研修会も開催!最新の情報と安全性を追求>
当店では、電子タバコの専門店として常に知識の向上と最新の情報をスタッフ同士で共有しており、研修会を通じてその安全性の追求に努めています。トレーニングを受けたスタッフが確かな知識のもと、お客様の電子タバコライフをサポート。また、店頭のすべてのフレーバーがお試し可能となっております


■店舗概要
店舗名   : Vaping Ape Tokyo
所在地   : 東京都渋谷区神南1-3-3 サンフォレストモリタビル1F
アクセス  : 各線「渋谷駅」から徒歩7分
        JR「原宿駅」から徒歩5分
営業時間  : 10:00〜22:00
定休日   : なし
URL     : http://www.vapingapetokyo.com/

<サービス内容>
・最適な電子タバコ機器選び
・フレーバー選び(100種類すべてのフレーバーがお試し可能)
・使い方やメンテナンス方法のご説明
・アフターケア


■会社概要
会社名 : 株式会社Vaping Ape Japnan
所在地 : 東京都渋谷区神南1-3-3 サンフォレストモリタビル1F
代表者 : 代表取締役 安藤 惠一
設立  : 2014年11月27日
事業内容: 「VAPE」機器・用品販売(店頭・オンラインショップ・卸売)
URL   : http://vapingape.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る