• トップ
  • リリース
  • 下呂温泉の老舗旅館 小川屋が贈る旅館の新しいカタチ 2016年7月26日新館OPEN

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

下呂温泉の老舗旅館 小川屋が贈る旅館の新しいカタチ 2016年7月26日新館OPEN

(@Press) 2016年07月12日(火)13時30分配信 @Press

日本三名泉に数えられる下呂温泉のもと、60年以上続く伝統のおもてなしと、飛騨川を臨む絶景のロケーション、日本一(※1)の朝ごはんで、お客様に長年愛されてきた「小川屋」(名称:株式会社小川屋、所在地:岐阜県下呂市湯之島570、代表取締役:野村 勝)は、別館「ゆらぎ ― yuragi ― 」を2016年7月26日にオープンいたします。

和みの畳風呂物語の宿 小川屋 公式URL: http://www.gero-ogawaya.net/
小川屋別館 〜ゆらぎ〜特設ページURL  : http://www.gero-ogawaya.net/yuragi/


■“カジュアルステイ”旅館のくつろぎをより快適・手軽に
当館は、2015年5月に人気の北欧デザインと和のテイストが融合した「トネリコ〜tonerico〜(※2)」、2016年3月にはさらにグレードアップした「橙〜daidai〜」「杷〜sarai〜」をオープンし、常に『新しい旅館客室のカタチ』をご提案してまいりました。これらの客室も大変ご好評いただき、さらに今回2016年夏、別館「ゆらぎ ― yuragi ― 」をオープンすることとなりました。


■別館「ゆらぎ ― yuragi ― 」詳細
(1) 居心地のよさを追求した、リゾートホテルのような客室空間
和室・洋室合わせて全20室あり、ツインベッドの洋室と、琉球畳の敷かれた和風の客室の2種類をご用意。全客室に設けられたバルコニーは飛騨川に面しており、夕暮れや朝の気持ちのよい時間は川のせせらぎに耳を澄ませ、下呂の自然を眺めながら、テラスでくつろぐことができます。快適にお過ごしいただけるよう、室内インテリアは全般に、淡いトーンのファブリックやクロスでまとめました。

(2) 造りの異なる貸切風呂7つを新設
造りの異なる貸切風呂7つを新設いたします。和のくつろぎの象徴である「畳文化」と、古来より日本にある「温泉文化」を融合させた「畳風呂」は、当館の名物施設。新設する貸切風呂はこの「畳風呂」だけでなく、坪庭付きの半露天風呂や飛騨川に面するテラス付きの浴室等、癒しとくつろぎの時間をお過ごしいただける空間となっております。

(3) 北欧と和を融合したデザイン
同室のデザインを手がけたのは、当館の「トネリコ〜tonerico〜」「橙〜daidai〜」「杷〜sarai〜」のほか、グランドハイアット福岡客室改装、ホテルフォルツァ等のホテル、表参道CICADA、SMOKEHOUSE、THE ROASTERY等のレストランから個人住宅まで幅広いインテリアデザインの実績をもつ「bazik(バジック)」の滝澤 雄樹氏。旅館の「くつろぎ」の機能にホテルの「快適さと手軽さ」をプラスした、新しい別館スタイルを提案しています。

(4) オープン記念プラン
【7月26日新館オープン記念で5,000円引】
小川屋別館『ゆらぎ』〜YURAGI〜 基本スタンダートプラン

【7月26日新館オープン記念で5,000円引】
小川屋別館『ゆらぎ』〜YURAGI〜 《貸切風呂1回無料》プラン

詳細URL: http://www1.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/ogawaya-yuragi

料金:一泊二食付12,960円〜/人(2名利用時・税込)


■会社概要
会社名:株式会社小川屋
所在地:岐阜県下呂市湯之島570
客室数:100室
施設 :宴会場・洋式宴会場・会議室・喫茶・売店・卓球場・ラウンジ・
    カラオケルーム・お好みコーナー・麻雀室・エステルーム・足湯・
    貸切風呂・大浴場・露天風呂


※1 楽天トラベル主催「朝ごはんフェスティバル(R)」を2013・2014年の2年連続優勝
※2 「トネリコ」の正しい記載は、木偏に「山」「今」です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る