• トップ
  • リリース
  • 男前なボリュームで話題のラーメンを引っ提げ、関西発「ちぇりー亭」が7月15日、東京に初進出!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

男前なボリュームで話題のラーメンを引っ提げ、関西発「ちぇりー亭」が7月15日、東京に初進出!

(@Press) 2016年07月12日(火)15時30分配信 @Press

兵庫生まれ、「ド根性」シリーズのメニューで知られるラーメン屋「神戸ちぇりー亭」が満を持して2016年7月15日(金)に、東京1店舗目をオープンいたします!場所は「小岩駅」から徒歩10分の好立地。兵庫・大阪で6店舗を構え、数々のラーメン通たちを驚かせ舌を唸らせ続ける関西の「男のラーメン」がついに東京進出いたします。

神戸ちぇりー亭: http://kobe-cherrytei.com/index.html


◆「ちぇりー亭」が約束するこだわり
麺は通常メニューでも200g使用しており、他店の大盛の量です。美味しくハッピーにお腹を満たしていただくために当店ではこのボリュームを推奨しています。スープは通常の倍の量の鶏ガラに、ふんだんな野菜やチャーシューの肉を約半日煮込み続け、さらに寝かせます。結果、あっさりしながらも芯に強いコクがある極上のスープが出来上がります。さらにそのスープに絡むのはツルツルの喉越し、弾力のある食感の自家製極太麺。それら全ての要素が絶妙なバランスを生み出し、「ちぇりー亭」の味を作ります。


◆「ちぇりー亭」発の個性派メニュー
「ちぇりー亭」といえば、愛され続ける「ド根性」シリーズ。中でも1番人気は「ド根性の醤油」にトッピングのとろ卵を付けた自慢の1杯です。さらに、全てのトッピングを「男盛」にした、「全男盛」はその迫力に一見ならぬ一食の価値があります。「ちぇりー亭」が仕掛ける挑戦ラーメンです。


◆メニュー一例
「ド根性の醤油」700円(+100円/とろり卵)
「全男盛」1,360円
「純情なつけ麺」790円


◆関西の食文化ごと楽しんでもらいたい
関西と関東の違いといえば、まず人々の個性や独特のコミュニケーション法などがあげられることが多いです。今回「ちぇりー亭」が今回東京へ進出することで、関西生まれの食文化を丸ごと東京に持ち込めればと考えています。メニュー自体のインパクトはもちろんですが、例えばお客さんと店員のフレンドリーなやり取りなど、その楽しく活気ある雰囲気ごと楽しんでいただければ本望です。それは「楽しく美味しいダイニング」こそ、「ちぇりー亭」の根底にある考えだからです。


■店舗概要
店舗名 : 神戸ちぇりー亭 南小岩店
所在地 : 東京都江戸川区南小岩6丁目26-13-1F
アクセス: JR東武線「小岩駅」より徒歩10分
営業時間: 11:00〜15:00(LO)、17:00〜22:00(LO)
席数  : 4人掛けテーブル1卓、カウンター8席 合計12席
平均予算: 700円〜(ランチ)
URL   : http://kobe-cherrytei.com/index.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る