• トップ
  • リリース
  • 大学の研究成果を小中高生が「見る」、「聞く」、「触れる」ひらめき☆ときめき サイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI明治大学駿河台・和泉・生田キャンパスで8月に開催

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人明治大学広報課

大学の研究成果を小中高生が「見る」、「聞く」、「触れる」ひらめき☆ときめき サイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI明治大学駿河台・和泉・生田キャンパスで8月に開催

(@Press) 2016年07月05日(火)17時00分配信 @Press

明治大学は、科学研究費助成事業(科研費)の成果を小中高生に体験してもらう「ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI」を8月に開催します。

「ひらめき☆ときめきサイエンス」は、日本学術振興会の委託を受けた各大学や研究機関が毎年実施しているものです。明治大学では今年、駿河台・和泉・生田キャンパスの3会場で、1. 作って学ぶ考古学の世界〜縄文時代貝製腕輪の製作と着装方法の復元〜、2. なぜ幽霊を見る人がいるの?〜ニセ科学の見分け方を学ぶ、3. 地震の揺れから身を守る 〜振動を科学してみよう!〜、4. 日本人が育んだ発酵微生物〜麹菌と乳酸菌、の4プログラムを実施。大学で行われている最先端の研究を、実習・施設見学等を交えて小中高生向けに分かりやすく解説します。
詳細は本学ホームページをご確認ください。
https://www.meiji.ac.jp/koho/press/2016/6t5h7p00000lraan.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る