• トップ
  • リリース
  • 「第6回 雪印メグミルク杯ジュニアサマージャンプ大会」平成28年8月3日(水)札幌市荒井山シャンツェにて

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

雪印メグミルク株式会社

「第6回 雪印メグミルク杯ジュニアサマージャンプ大会」平成28年8月3日(水)札幌市荒井山シャンツェにて

(@Press) 2016年07月07日(木)11時00分配信 @Press

雪印メグミルク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西尾 啓治)は、平成28年8月3日(水)に札幌で開催される「第6回 雪印メグミルク杯ジュニアサマージャンプ大会」(主催:公益財団法人札幌スキー連盟、公益財団法人北海道スキー連盟)に協賛し、スキージャンプの振興とジュニアジャンパーの育成を応援します。

「雪印メグミルク杯ジュニアサマージャンプ大会」は、小中学生の活躍する場をより多く提供し、ジュニアジャンパーの育成に貢献したいとの願いから、平成23年より開催し今年で6回目となります。

昨年は、長野オリンピックジャンプ団体戦金メダリストの原田雅彦(雪印メグミルクスキー部監督)、岡部孝信(同 コーチ)、齋藤浩哉(同 前監督)により、小学生向けミニクリニック(レッスン)を実施しました。
今年も引き続き、金メダリスト3名によるミニクリニックを実施し、専門的な指導を受ける機会の少ないジュニアジャンパーの育成を応援します。さらに雪印メグミルクスキー部の現役選手たちも駆けつけ、小さなジャンパーたちを激励します。

また、本大会は北海道で今夏行われる他のジュニア大会を含めた総合ポイントによる「北海道シリーズトータル賞」を表彰することから、参加選手にとってシリーズを締めくくる大会にもなっています。
ジュニアジャンパーが元気に翔ぶ様子、豪華メダリストによる次世代育成の様子を取材にぜひご来場ください。

雪印メグミルクは、スキージャンプを通じて、子どもたちの健やかな成長を応援してまいります。

【大会概要】
大 会 名:第6回 雪印メグミルク杯ジュニアサマージャンプ大会
主催:公益財団法人札幌スキー連盟、公益財団法人北海道スキー連盟
協賛:雪印メグミルク株式会社
日時:平成28年8月3日(水)
 8時30分〜 開会式・国旗掲揚
 9時00分〜 試技開始(小学生1部より開始)
 9時30分〜 競技開始
会場:札幌市荒井山シャンツェ
組別:小学生1部(1〜4年生)≪スモールヒル K=25m≫
小学生2部(5〜6年生)≪スモールヒル K=25m≫
中学生男子の部≪ミディアムヒル K=55m≫
中学生女子の部≪ミディアムヒル K=55m≫
表彰:(1)小学生1部、小学生2部、中学生男子の部は1位〜6位
   (2)中学生女子の部は1位〜3位
   (3)各組の最長不倒賞
北海道シリーズトータル賞:5つのジュニア大会の総合ポイントにより、「北海道シリーズトータル賞」を贈呈します。小学生1部(1〜4年生)、小学生2部(5〜6年生)、中学生男子の部、中学生女子の部(各1〜3位) 

【北海道シリーズ】
7/28(木)第2回クラレカップジュニアサマージャンプ大会 
7/30(土)第20回全日本ジュニア&レディースサマージャンプ朝日大会   
8/1(月)第17回余市町全日本ジュニアサマージャンプ大会
8/2(火)第13回札幌市長杯荒井山ジュニアサマージャンプ大会
8/3(水)第6回雪印メグミルク杯ジュニアサマージャンプ大会  

雪印メグミルク特別賞:「北海道シリーズトータル賞」に入賞した選手のうち、中学生男子の部、女子の部の6選手は、平成29年1月に開催される「第58回 雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会」(札幌市宮の森ジャンプ競技場:ノーマルヒル)に参加料なしで出場できます。

◆原田雅彦・岡部孝信・齋藤浩哉のミニクリニック◆
対象:参加者全員対象
時間と場所:競技終了後(12時30分ころ)、ブレーキングトラックにて
※競技進行、天候などにより変更になる場合は場内アナウンスにてご案内いたします

☆おかげさまで、雪印メグミルクスキー部は今年で創部70周年を迎えました

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る