• トップ
  • リリース
  • CAC、感情認識AI市場をリードする米国Affectiva社と国内初の販売代理店契約を締結 〜顔画像から感情を計測・分析し、企業のビジネス拡大を支援〜

プレスリリース

株式会社シーエーシー

CAC、感情認識AI市場をリードする米国Affectiva社と国内初の販売代理店契約を締結 〜顔画像から感情を計測・分析し、企業のビジネス拡大を支援〜

(@Press) 2016年07月07日(木)10時00分配信 @Press

企業向けITサービスを展開する株式会社シーエーシー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒匂 明彦、以下 CAC)は、感情認識AI市場におけるリーディングカンパニーAffectiva, Inc.(本社:マサチューセッツ州ウォルサム、CEO:ラナ・エル・カリウビ、以下 Affectiva社)と日本国内初の販売代理店契約を締結し、Affectiva社のサービスとソフトウェアの販売を本日から開始しました。

Affectiva社の洗練された感情認識ソフトウェアは偏りのない消費者の反応をキャプチャしてリアルタイムで計測し、瞬間的に生じる自然な感情を98%の精度で分類します。
世界中で実施したテストを通じて、Affectiva社は世界最大級の表情と感情のデータを蓄積しています(世界75ヵ国で、400万人以上の表情を分析し、500億件に上る感情データポイントを収集)。すでに、世界各国の市場調査、メディア、広告、ゲーム市場でグローバルに使用されており、1400以上のブランドで消費者の感情テストに用いられるなど、感情認識AIの市場を牽引する存在です。

CACグループでは、この5月にAffectiva社への出資を行ったのに続き、今回の販売代理店契約締結により、感情認識AIビジネスに具体的に着手しました。

Affectiva社の感情認識ソフトウェアにより、広告、医療、自動車など多くの分野で、パーソナライズされた体験の提供が可能になります。例えば、患者の心の状態に応じた医療アプリケーションの開発などが可能になります。

CACは、Affectiva社のサービスとソフトウェアの販売、メンテナンスとサポート、導入のコンサルティングと構築などを行います。今後、製品開発、教育、人材サービスなどの分野で感情認識AI活用への積極的な提案を行うとともに、Affectiva社のソフトを組み込んだ自社サービスの開発、ソーシャルロボット事業での活用にも取り組んでまいります。


<Affectiva社について>
会社名 :Affectiva, Inc.
所在地 :米国マサチューセッツ州ウォルサム
代表者 :ラナ・エル・カリウビ(CEO)
設立年 :2009年
事業内容:顔画像分析等による感情認識を行うプラットフォームの開発
コーポレートサイト: http://www.affectiva.com/


<株式会社シーエーシーの概要>
所在地 :東京都中央区日本橋箱崎町24番1号
代表者 :代表取締役社長 酒匂 明彦
資本金 :4億円(東証一部上場 株式会社CAC Holdingsの100%子会社)
事業内容:システム構築サービス、システム運用管理サービス、
     業務受託サービス
コーポレートサイト: http://www.cac.co.jp/


[商標等について]
本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。


<本リリースに関するお客様からのお問い合わせ先>
株式会社シーエーシー
イノベーションカンパニー
電話:03-6667-8025
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る