• トップ
  • リリース
  • 「働く場所」に囚われない、新しい働き方を提供 レンタルオフィス「ヘキサゴン」が東急電鉄「NewWork」と提携

プレスリリース

  • 記事画像1

加和太建設株式会社

「働く場所」に囚われない、新しい働き方を提供 レンタルオフィス「ヘキサゴン」が東急電鉄「NewWork」と提携

(@Press) 2016年07月05日(火)10時30分配信 @Press

加和太建設株式会社(本社:静岡県三島市、代表取締役社長:河田 亮一)は、東京急行電鉄株式会社(本社:東京都渋谷区、取締役社長:野本 弘文)と、サテライトシェアオフィスサービスの提携契約を締結いたしました。


【働く場所を選ばない、新しいスタイルを提案】
近年首都圏では、ノマドワークなどの新しいワークスタイルが急速に発達していますが、地方での浸透に対応するための執務環境は、整っていないのが現状です。このたび、東急電鉄の展開する会員制シェアオフィス事業「NewWork」に、加和太建設の運営するレンタルスペース「ヘキサゴン」が、中部地方で初めて加盟をいたしました。


【新しい発見が行える「ヘキサゴン」】
「ヘキサゴン」は、JR三島駅から徒歩2分の好立地に位置する、ICT設備完備のレンタルスペースです。テレワークや会議の他、パーティーや展示会にも対応可能な自由空間です。テーブルの配置を組み替えることで、小さな6角形、大きな6角形、八の字など、様々な形状を作り出せることが特徴で、常に利用者に新しい刺激と発見のあるスペースを提供しています。


【新しい「働く場所」、地方ならではの取り組み】
「NewWork」は、東急線沿線を中心とした駅周辺にあるシェアオフィスで、テレワークを導入する企業を対象に、安全で快適な執務環境を提供しています。
今回の提携は、地方ならではのシェアリングエコノミー推進を目指す加和太建設と、時代に合わせた新しい働き方の提供に取り組む東急電鉄が共感し、実現しました。「NewWork」の地方都市への展開が、会員の利便性向上に貢献するのはもちろんのこと、シェアリングエコノミーの推進で、首都圏と地方を繋ぎ、交流人口の増加による経済発展に寄与することを目指すものです。

加和太建設では、シェアリングエコノミーを後押しする事業として、レンタカー事業も展開しています。今後、民泊事業にも参入を予定しており、住・移・働を包括したシェアリングサービスを提供していきます。占有する喜びから、共有する楽しみや利便性に重点を置き、地方での新たな働き方・遊び方の促進に取り組んでいきます。


「ヘキサゴン」
所在地: 静岡県三島市一番町10-9 KAWATA BLDG 4F
URL  : https://spacemarket.com/spaces/hexagon/rooms/7olUsZngZzYtTVy6

「NewWork」
URL  : https://www.newwork109.com/


【加和太建設について】
2016年2月に創業70周年を迎えた総合建設業である加和太建設は、静岡県三島市を中心に活動し、建築・土木事業だけでなく不動産事業やICT、三嶋大社前にある商業施設「大社の杜みしま」など、多岐にわたる事業を展開しています。地域活性化を事業の本懐とし、「街づくり」に密接に関わる取り組みを積極的に行っています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る