• トップ
  • リリース
  • NTTコミュニケーションズグループの人材育成制度が情報処理学会の「認定情報技術者制度 企業認定」を取得

プレスリリース

NTTコミュニケーションズ株式会社

NTTコミュニケーションズグループの人材育成制度が情報処理学会の「認定情報技術者制度 企業認定」を取得

(@Press) 2016年07月05日(火)09時30分配信 @Press

 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、2016年6月30日、人材育成制度「プロフェッショナル人材育成プログラム」について、一般社団法人情報処理学会より「認定情報技術者(CITP)企業認定」を取得しました。


 「CITP制度」とは、経済産業省が定めるITスキル標準(*1)のレベル4以上のIT人材(サービス開発や運用、販売を担う技術者やマーケター、営業など)を対象に、所定のレベルに相当する能力を有すると情報処理学会が判定した人材を「認定情報技術者」として認証する制度です。
 また「CITP企業認定」は、上記のIT人材の資格審査や認定を企業が実行できると情報処理学会が認証する制度です。本認定の取得企業では、社内資格を有する人材が、情報処理学会より「認定情報技術者」の認定証の発行を受けることができます。NTT Comグループでは約4,000人(*2)が対象となります。

 NTT Comグループは、事業推進のために求められる業務経験・スキルレベルを定義し、各社員が高度な専門性を備えたプロフェッショナル人材になるための育成制度として、2007年度に「プロフェッショナル人材育成プログラム」の運用を開始し、新しい事業分野に適応したプログラムに進化させてきました。 本制度に基づいて各社員が実務経験を積みながら専門性の向上に取り組んでいる点や、資格制度として「認定情報技術者制度」と同等の適正な運営状況などが認められ、この度「企業認定」を取得するに至りました。

 NTT Comグループは今後も世界中のお客さまから選ばれるICTパートナーとなることを目指し、セキュリティやIoTをはじめとした新しい分野に必要な専門性を備えたプロフェッショナル人材の育成を強化していきます。


*1:ITスキル標準
経済産業省が定めたIT人材に求められるスキルやキャリア(職業)を示した指標。(現在は維持管理を独立行政法人情報処理推進機構に移管)
*2:2016年6月末現在


【関連リンク】
認定情報技術者制度ホームページ: http://www.ipsj.or.jp/citp.html
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る