• トップ
  • リリース
  • 〈日本和装製作映画「青時雨」マドリード国際映画祭ノミネート〉香川京子さん、ノミネートに喜びのコメント 日本国内でプレミアム上映決定!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

日本和装ホールディングス株式会社

〈日本和装製作映画「青時雨」マドリード国際映画祭ノミネート〉香川京子さん、ノミネートに喜びのコメント 日本国内でプレミアム上映決定!

(@Press) 2016年07月04日(月)12時30分配信 @Press

日本和装ホールディングス株式会社(東証2部上場/証券コード2499、本社:東京都千代田区)製作の長編映画「青時雨」(あおしぐれ)に出演されている女優の香川京子さんが第5回マドリード国際映画祭の「最優秀外国語映画助演女優賞」にノミネートされました。今回のノミネートに際し、香川京子さんから日本和装ホールディングス株式会社宛てにコメントが届きましたのでお知らせいたします。


■香川京子さんからのコメント
この作品に出演のご依頼があった時、演出の松村監督をはじめとして、若い方達と一緒に仕事が出来ることに、私にとって、又新しい経験が加わる機会に恵まれたと、うれしい気持ちで一ぱいでした。
若いカップルの結婚ではなく、新しい幸せをみつけようとする、中高年の二人をテーマに、若い二人の生き方も考えさせられる内容に、今までにない新さを感じました。日本の昔からの伝統である美しい着物、そしてそれをお召しになる方達の美しい姿に堪能できたのも幸せでした。
出演者の方々の熱演、そして東京の美しい風景、音楽もとても素敵でした。

                               香川京子


<香川京子>
https://www.atpress.ne.jp/releases/106858/img_106858_2.jpg

女学校卒業後の1949年、新聞社主催のオーディション「ニューフェイス・ノミネーション」に合格し、新東宝に入社。翌50年、「窓から飛び出せ」で女優デビュー。今井正監督の「ひめゆりの塔」(53)、小津安二郎監督「東京物語」(53)、溝口健二監督「近松物語」(54)、成瀬巳喜男監督「おかあさん」(52)、黒澤明監「まあだだよ」(93)ら名匠たちの数々の作品に出演。最近でも若手映画監督の作品に出演している。これまで日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(1994年)や国内の様々な映画賞を受賞している。2011年には日本人で初めてFIAF賞(国際フィルム・アーカイヴ連盟賞)を受賞。


■国内プレミアム上映が決定
日程:2016年7月18日(月・祝)
場所:ユーロライブ
   東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F
時間:18:00〜、20:00〜の2回上映
料金:(前売券)1,200円、(当日券)1,500円

チケット購入方法:E-mailにて受け付けます。
件名=「青時雨」、本文=「1.お名前、2.フリガナ、3.ご希望の上映回(18:00または20:00)、4.枚数」をご記入の上、 eiga@wasou.com までご連絡ください。


■映画「青時雨」について
日本和装では、現代に生きた「きもの文化」を引き継いでいきたいと様々な活動を行なっております。その一環として、脚本、監督、制作まで社内スタッフが行ない、自社制作にて本作品を製作。この作品には美しいきもの姿が多くのシーンで登場し、また日本和装着付け教室の卒業生も多く出演しています。

作品名           :青時雨(あおしぐれ)
英語タイトル        :Summer Leaf Drop
製作            :日本和装ホールディングス株式会社
エグゼクティブプロデューサー:吉田重久
チーフプロデューサー    :佐藤正樹
撮影            :根岸憲一
音楽            :鈴木治行
脚本・監督         :松村直樹


■海外映画祭受賞・ノミネート歴
本作品はこれまで、2016年2月にインドの第3回ノイダ国際映画祭 長編部門で審査員最優秀作品賞、審査員最優秀監督賞を受賞しております。また、4月に行われたインドの第6回ダーダーサーハバ・パールケー映画祭で映画祭特別賞を受賞しました。第5回マドリード国際映画祭では外国語映画助演女優賞に香川京子さんがノミネートされている他、最優秀外国語映画監督賞に松村直樹(日本和装)がノミネートされています。第5回マドリード国際映画祭の各賞は2016年7月に開催される映画祭最終日に発表される予定です。


■主要キャスト
瑛蓮
大竹直
久野綾希子
渡辺哲
加藤麻衣
香川京子


■あらすじ
彩子は夫の良輔が失業したことを知らない。彩子は良輔が就職の相談を女性としているところを偶然見てしまい、浮気をしていると勘違いをする。彩子は良輔と喧嘩になって家を出る。
実家に帰った彩子は祖母のサキが入院する病院で母、芳恵が高野と親しくなっていることを知る。彩子は芳恵と口論となり、実家を出て一人暮らしをはじめる。彩子と良輔はそれぞれ新しい仕事に就き、これまでにない経験をする。
芳恵は彩子に高野と再婚することを告げる。彩子は母の再婚に反対する。彩子と良輔の元へ芳恵から結婚式の招待状届く。
結婚式当日、彩子と良輔は結婚式の会場へ向かう。

・特報映像
https://youtu.be/3gnp1JgVKn4


■会社概要
日本和装ホールディングス株式会社
本社所在地: 〒100-0005
       東京都千代田区丸の内1-2-1 東京海上日動ビルディング新館6F
代表   : 代表取締役社長 吉田 重久
上場区分 : 東京証券取引所市場第二部(証券コード2499)
URL    : http://www.wasou.com
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る