• トップ
  • リリース
  • 電気通信大が新設するAI研究センターにサポーター企業として参画

プレスリリース

株式会社ネクスト

電気通信大が新設するAI研究センターにサポーター企業として参画

(@Press) 2016年06月30日(木)14時30分配信 @Press

株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、国立大学法人電気通信大学が2016年7月1日に設置する「人工知能先端研究センター」にサポーター企業として参画いたします。

電気通信大学 人工知能先端研究センター Webサイト http://aix.uec.ac.jp/

■「人工知能先端研究センター」サポーター企業参画の概要と目的
 「人工知能先端研究センター(Artificial Intelligence eXploration Research Center : 以下「AIX」)」は、電気通信大学が、人と共生する汎用人工知能の実現を目指して、国立大学として初めて設立する人工知能分野の研究センターです。弊社は、かねてより社内研究開発組織「リッテルラボラトリー」において、AIXのセンター長である栗原 聡(電気通信大学 大学院情報理工学研究科)教授と共同研究を進めており、この延長でAIXにサポーター企業として参画することといたしました。
 今後は、AIXと連携して研究を進めると同時に、弊社が運営する不動産・住宅情報サイト『HOME’S』を始めとした各種サービスでの人工知能技術の実用化を目指して活動してまいります。

■社内研究開発組織「リッテルラボラトリー」のこれまでの活動
当社グループは、中期経営戦略を「DB+CCS(データベース+コミュニケーション&コンシェルジュサービス)でGlobal Companyを目指す」と掲げ、暮らしに関わる様々な分野で、世の中に溢れている大量の情報をDBに蓄積・整理統合し、あらゆるデバイスを通じてユーザー一人ひとりに最適な情報を提供していくことを目指しています。中期経営戦略の実現のために、情報技術分野の研究開発によるイノベーション創出を重要な課題のひとつと考え、2011年には、東京大学との産学連携企業であった(株)リッテルを母体として、社内研究開発組織「リッテルラボラトリー」を設立し、レコメンデーションエンジンや新たなユーザーインタフェースの開発、大学との共同研究などに取り組んでいます。
2015年11月には、国立情報学研究所が運営するデータセット共同利用研究開発センターを通じて、『HOME’S』の賃貸物件データを、研究用データセットとして無償で提供開始(※)し、産学連携による研究開発や人材育成にも注力しております。
 ※http://www.next-group.jp/news/5218/

■人工知能先端研究センター (AIX) センター長 栗原 聡 教授からのコメント
 「人工知能の研究成果を社会実装していくにあたって、豊富なデータと社会ニーズに即した研究課題を有している企業との協力は不可欠です。人々の生活に密着した住まい、介護、保険などの領域でグローバルにビジネスを展開するネクスト社にご参画いただけること、大変嬉しく思います。AIXにて日本ならではの研究領域を開拓していくにあたってのご助力を大いに期待しております。」

ネクストグループは、これからも「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりにぴったりな情報をお届けしてまいります。

■株式会社ネクストについて (東証第一部:2120、URL:http://www.next-group.jp/
株式会社ネクストは、「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、1997 年に設立。
主要サービスの『HOME'S』は、総掲載物件数No.1(※)の不動産・住宅情報サイトです。
現在は『HOME'S』のアジア展開、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」の運営等、世界46ヶ国でサービス提供。
また、2014年より展開を開始したサービスブランド「Lifull」では、暮らし全般に関わる各種サービスを運営し、人々の自分らしい生き方をサポートしています。
今後も、「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりが自信を持って未来に踏み出せる世の中をつくるため、常に人々の生活に寄り添い、誠実に、思いやりをもって一人ひとりにぴったりの情報を提供します。
※産経メディックス調査(2016.1.23)

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る