プレスリリース

「FinTechファンド」への出資について

(@Press) 2016年07月01日(金)11時30分配信 @Press

日本ATM株式会社(代表取締役社長:中野 裕、以下 日本ATM)は、SBIホールディングス(代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)の子会社のSBIインベストメント株式会社(代表取締役執行役員社長:川島 克哉)が設立・運営を行う「FinTechファンド」(名称:FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合)に、数多くの金融機関様とともに出資いたしました。


FinTechファンドは、FinTechの領域においてイノベーション創出が期待できる独自性の高い技術・サービスを保有し、今後成長が見込まれる日本国内外の未公開企業を投資対象としており、出資者(FinTechに関連する事業会社や金融機関)と投資先企業とのオープンイノベーションを推進し、企業価値の向上をめざすファンドです。

日本ATMはこれまでも、近未来のサイバー空間に必要なセキュリティ技術の開発と提供を行う株式会社F.TRONに株式会社産業革新機構とともに出資したり、金融取引における「指紋認証システム」の実証実験に参画するなど、新しいICT技術の導入に積極的に取り組んできております。
これからも、将来性が見込まれるFinTech企業の持つテクノロジーと、圧倒的なシェアを誇るATM監視業務をはじめとする自社の強みを掛け合わせ、金融機関に活用いただける新たなソリューションを開発してまいります。


■FinTechファンド概要
名称     :FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合
出資総額   :300億円
弊社出資額  :1億円
設立日    :2015年12月1日
出資期間   :設立日から9年7ヶ月
投資対象   :FinTech領域においてイノベーション創出が期待できる
        独自性の高い技術・サービスを保有し、今後将来性が
        見込まれる日本国内外の未公開企業の株式、新株予約権、
        新株予約権付社債
無限責任組合員:SBIインベストメント株式会社


■日本ATM株式会社
本社所在地: 東京都港区浜松町1-30-5 浜松町スクエア8階
代表者  : 代表取締役社長 中野 裕
URL    : http://www.atmj-g.com


※リリースの記載内容は発表日現在のものです。
その後予告なしに変更される場合がありますのであらかじめご了承ください。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る