• トップ
  • リリース
  • 海遊館サテライトギャラリー「ウミウシminimini水族館」6/25拡大リニューアル!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社 海遊館

海遊館サテライトギャラリー「ウミウシminimini水族館」6/25拡大リニューアル!

(@Press) 2016年06月30日(木)15時30分配信 @Press

大阪市港区の海遊館に隣接する商業施設・天保山マーケットプレース内「海遊館サテライトギャラリー」では、平成28年6月25日(土)より「海の宝石 ウミウシ展」を拡大リニューアルし、「ウミウシminimini水族館」として開催しております。

ウミウシを専門に展示するコーナーは国内でも珍しく、お客様からも好評をいただいていることから、国内でも最大級の規模である約25種120点に展示種数を増やし、特製水槽を配置するなどの工夫を施し、不思議で美しいウミウシを存分に観察していただけます。観覧は無料です。


「海の宝石 ウミウシ展」は平成26年7月19日(土)から開催しており、水族館でもなかなか出会えないウミウシの飼育と展示に試行錯誤を続けてきました。この取組みを発展させるべく、リニューアル後は水槽を10基から13基に増やし、展示種数は約20種100点から約25種120点となり、夏休みに向けて、より多くのウミウシをご覧いただけるようになりました。


ウミウシは、不思議でカラフルな姿がとてもかわいらしい巻き貝の仲間です。最近では写真集などで紹介される機会も増えましたが、水族館などでも出会うことは難しい生き物です。2〜3cmぐらいの小さい種が多く、動きもゆっくりしています。日本だけでも1,000種以上、大阪湾にも150種以上がいると言われており、その多様さが見る人の心を捉えます。「ウミウシ展」では、大阪湾のウミウシを中心に、人気のあるものから珍しいものまで、種類を入れ替えながら展示を行います。

小さな小さな「海の宝石」のようなウミウシの姿をご覧いただき、小さな体にフシギが詰まったウミウシへの驚きや発見をお楽しみください。


(1)「ウミウシminimini水族館」開催概要
期  間:平成28年6月25日(土)〜平成29年1月10日(火)
時  間:11:00〜20:00
     ※天保山マーケットプレースの営業時間に伴う変更あり
場  所:天保山マーケットプレース3階 海遊館サテライトギャラリー
料  金:無料
展示予定:アオウミウシ、シロウミウシ、ミゾレウミウシ、ミアミラウミウシ、イバラウミウシ、
シラユキウミウシ、シラヒメウミウシなど
※種を入れ替えながら展示を行いますので、時期により上記のウミウシを展示していない場合がございます。
 
Facebookページ:https://www.facebook.com/umiushi.kaiyukansatellitegallery


(2)「ウミウシ展」に登場する予定のウミウシたち

【シラヒメウミウシ】 体長 約1cm
まさに「雪うさぎ」なウミウシ。成長しても体長1cmの小さな体です。黄色と赤の2色のふちどりをもつウミウシは珍しい姿をしています。内臓がうっすらと透けて見え、まるで「大福の中のあんこ」のようです。

【ミゾレウミウシ】 体長 約3cm
水色の体に黒いスジがあり、触角とエラには白い粉をふったような模様があります。大阪湾には生息しておらず、インドネシアなどの暖かい海で見られます。

【イガグリウミウシ】 体長 約2cm
黄色い体にピンク色のいぼいぼがあり、やさしい美しさのウミウシです。触角とエラは真っ白で、あまり目立ちませんが、よく見るとどちらが前かがわかります。大阪湾では見られず、和歌山以南のやや暖かい海で見られます。


【海遊館】
10:00〜20:00(最終入館19:00)季節により変動あり
休館日:年内はなし
海遊館インフォメーション 06-6576-5501
http://www.kaiyukan.com/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る