• トップ
  • リリース
  • アイテック阪急阪神、超高速開発コミュニティ「第17回セミナー ユーザ事例発表」で、「GeneXusによる社内システム開発事例」を発表

プレスリリース

  • 記事画像1

阪急阪神ホールディングス株式会社

アイテック阪急阪神、超高速開発コミュニティ「第17回セミナー ユーザ事例発表」で、「GeneXusによる社内システム開発事例」を発表

(@Press) 2016年06月29日(水)12時15分配信 @Press

アイテック阪急阪神は、超高速開発コミュニティ「第17回セミナー ユーザ事例発表」にて、「利用部門と一緒に作成する、社内情報システムの構築事例」と題して、弊社が実践しているアジャイル開発を中心とした利用部門と開発部門が仕様調整をしながら作り上げるシステム開発の手法について発表します。

※本件詳細については、下記ホームページをご参考ください。
http://itec.hankyu-hanshin.co.jp/event/2016/07/20160722.html

■イベント名
 超高速開発コミュニティ「第17回セミナー ユーザ事例発表」

■発表内容
 「利用部門と一緒に作成する、社内情報システムの構築事例」

■日時
 2016年7月22日(金)13:30〜16:00

■会場
 エッサム神田ホール1号館 301貸会議室

■主催
 超高速開発コミュニティ事務局


アイテック阪急阪神
http://itec.hankyu-hanshin.co.jp/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る