• トップ
  • リリース
  • CACグループ、日本ボッチャ協会のスペシャルパートナーに決定

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社CAC Holdings

CACグループ、日本ボッチャ協会のスペシャルパートナーに決定

(@Press) 2016年06月30日(木)13時30分配信 @Press

 株式会社CAC Holdings(本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒匂 明彦、以下「当社」)は、このほど一般社団法人日本ボッチャ協会(本社:大阪府羽曳野市、代表理事:奥田 邦晴、以下「日本ボッチャ協会」)とスペシャルパートナー契約を締結しましたのでお知らせいたします。
 当社グループは2016年8月8日に設立50周年を迎えますが、50年間の成長を支えてくださった社会の皆様に感謝の気持ちをお伝えする一つの形として、障がい者スポーツであるボッチャの普及・支援活動を、グループ会社である株式会社シーエーシーや株式会社CACクロアなどと共に展開してまいります。IT&ヘルスケアサービスを国内外で展開している当社グループの力を生かし、ITを活用した観戦環境整備などにも取り組みます。


■ボッチャとは
 ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、1984年のニューヨーク・パラリンピック大会からパラリンピック競技として採用されています。40か国以上に普及していると言われています。
 赤・青のボッチャボールを投げたり転がしたりして、目標のボッチャボール(ジャックボールと呼ばれる白いボッチャボール)に近づけ、その得点を争うスポーツです。


■CACグループでの活動概要
 ボッチャが健常者から重度障がい者まで幅広く楽しめる素晴らしいスポーツであり、また、緻密な戦略と駆け引きが詰まった奥深いスポーツであることに大きな魅力を感じ、ボッチャが誰もが知っているスポーツとなること、障がい者の方々がボッチャに参加できる機会が拡大することを当社グループの活動目標としました。この目標に向け、具体的には、以下のような活動を予定しています。

・ボッチャ普及のための諸活動:日本ボッチャ協会の活動支援、ボッチャ用具の整備など
・国内主要大会の支援活動:社員ボランティアによる運営、応援など
・ITを活用した、ボッチャ観戦環境の整備:ボッチャの魅力を観客に伝えるツール開発など

ご参考:一般財団法人日本ボッチャ協会ホームページ http://www.japan-boccia.net/


<CAC Holdingsについて>
 株式会社CAC Holdingsは、IT&ヘルスケアサービスを国内外で展開するCACグループの持株会社です。企業の経営課題などを解決するITサービスや人事BPOサービスを提供するほか、医療・社会保障分野では年金管理システム提供や年金制度研究、医薬品開発支援サービス提供などを通じて、より良い社会づくりに貢献します。

所在地: 東京都中央区日本橋箱崎町24-1
設立年: 1966年
URL  : http://www.cac-holdings.com/


※本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る