• トップ
  • リリース
  • プラットフォーム・ワンのDSP MarketOne(R)、コムスコアのvalidated Campaign Essentials(TM)(vCE(R))と連携しキャンペーンのビューアビリティ計測に対応

プレスリリース

コムスコア・ジャパン株式会社

プラットフォーム・ワンのDSP MarketOne(R)、コムスコアのvalidated Campaign Essentials(TM)(vCE(R))と連携しキャンペーンのビューアビリティ計測に対応

(@Press) 2016年06月27日(月)10時00分配信 @Press

クロス・プラットフォーム測定のリーディングカンパニーであるコムスコアは本日、株式会社プラットフォーム・ワンのDSP、MarketOne(R)が、デジタルキャンペーンのビューアビリティ計測においてコムスコアのvalidated Campaign Essentials(TM) (vCE(R))と連携したことを発表しました。vCEにより広告主は、各キャンペーンのインビュー率(※1)を計測し、デジタル広告のROI改善のため、配信を最適化することができます。

ブランディングを目的としたリッチメディア広告が国内で増加していますが、消費者に閲覧されることがない広告はその意図する効果を発揮できず、結果的に広告主の費用を無駄にしています。本連携により、MarketOneを利用するプラットフォーム・ワンの顧客は、実際に広告がユーザーに閲覧されているのかどうかを計測することができます。
さらに、計測されたインビュー率をもとに、広告主はよりビューアビリティ率の高いプレイスメントに広告を配信し、ブランドの認知度、それからCTRやコンバージョン率などのパフォーマンス指標を向上させることができます。

株式会社プラットフォーム・ワンの代表取締役社長である秋葉 典秀氏は、次のように述べています。「この度のコムスコアのvCEとMarketOneの連携によって、より透明性の高いデジタル広告配信を提供することが可能となりました。今後も本連携を強化し、より精度の高いアドベリフィケーションへの対応を進めていきたいと考えています。」

「プラットフォーム・ワンと協力し、信頼性と独立性の高いこのデジタル広告効果測定ソリューションを日本の広告主に提供できることを喜ばしく思います」と、コムスコアのAPACシニア・バイスプレジデントであるJoe Nguyenは述べています。「comScore vCEにより、MarketOneの顧客は、広告やプレイスメントのビューアビリティに関してキャンペーンの効果を理解することができ、パフォーマンスの向上や、広告費の費用対効果を改善するための意思決定を下すことができます。」

※1 インビュー率:配信された総インプレッションのうち、ビューアブルだったインプレッションの割合。ディスプレイ広告の評価指標のひとつであるビューアビリティは、広告ピクセルの50%以上が最低1秒以上インビューと定義される。


■株式会社プラットフォーム・ワンについて
代表者  : 代表取締役社長 秋葉 典秀
本社所在地: 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
設立   : 2011年2月
事業内容 : インターネット広告取引基盤の開発・運営等
URL    : http://www.platform-one.co.jp/


■comScore validated Campaign Essentials (vCE)について
vCEは、世界44カ国においてサービスを展開する広告とオーディエンスの配信検証ソリューションです。便利で効果的なキャンペーン管理のため、キャンペーンに関する深い洞察や配信中のレポーティング、デイリーのアラート機能等を提供しています。他のシングルポイントのソリューションとは異なり、vCEは、正しい地域において、ブランドにとって安全な、ノンヒューマントラフィックのない環境へインビューで配信された重複のないインプレッション数を提供します。また、その有効インプレッションがどの程度キャンペーンのターゲットオーディエンスにリーチしたかに関して、リーチ/フリークエンシーやGRP、デモグラフィックや行動セグメント等において評価します。詳しくは、 http://www.comscore.com/jpn/validated-Campaign-Essentials をご覧ください。


■コムスコアについて
comScore (NASDAQ : SCOR) はあらゆるオーディエンスやブランド、消費者動向を正確に測定するクロス・プラットフォーム測定のリーディングカンパニーです。ダイナミックなクロス・プラットフォームの世界に新しいモデルを創出するため、2016年1月にRentrak Corporationと合併しました。これまで培ったデジタル・テレビ・映画の分野における比類なき知見と膨大なデモグラフィック情報を組み合わせ、消費者のマルチスクリーン動向を壮大なスケールで数値化します。このアプローチにより、メディア企業は自社のオーディエンスを最適化することができ、マーケティング担当者はこれらのオーディエンスにより効率的にリーチすることができるようになります。世界75カ国以上において3,200社以上のクライアントを持つコムスコアは、測定の未来を提供しています。詳しくは、 http://www.comscore.com/jpn をご覧ください。


■将来予測に関する記述
このプレスリリースには、vCEシリーズの製品がコムスコアに及ぼす(経済的またはその他の)影響および効果に関する期待を含め(ただし、これに限定されない)、米国1933年証券法第27条Aおよび米国1934年証券取引所法第21条Eの定義する「将来予想に関する記述」が含まれています。この記述はリスクおよび不確実性を含んでおり、これによって実際の業績に大幅な相違が生じる可能性があります。リスクや不確実性には、本製品の特徴・特性、デジタルマーケティング情報・インターネット広告ならびにEコマース市場の発達速度、商取引・コンテンツ・広告・コミュニケーションの媒体としてのインターネットの成長、既存の顧客および見込み客を含む業界による当該新製品・手法の受容度などが含まれます。

上記のリスクやその他の要因について詳しくは、Form10-Qに記載されているコムスコアの最新の四半期報告書、Form10-Kに記載されている年次報告書、または必要に応じて、米国証券取引委員会(SEC)のサイト( http://www.sec.gov )に掲載されているSECへの他の提出書類をご覧ください。

コムスコアの株主の皆様には、将来予測に関する記述に全面的に依拠しないようご注意願います。このような記述の内容は、本リリースの公表時点に限定されたものです。コムスコアは、本リリース発表後の事象、状況または新情報、想定外の事象の発生を反映させた、将来予測に関する記述を更新する義務を一切負いません。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る