• トップ
  • リリース
  • EMM(MDM)ツールの世界的リーダー「MobiControl」「三菱重工業株式会社」様の導入事例を公開!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ペネトレイト・オブ・リミット株式会社(P.O.L)

EMM(MDM)ツールの世界的リーダー「MobiControl」「三菱重工業株式会社」様の導入事例を公開!

(@Press) 2016年07月04日(月)15時00分配信 @Press

ペネトレイト・オブ・リミット株式会社(本社:東京、代表取締役:佐武 伸雄)は、1884年(明治17年)に創業した「三菱重工業株式会社」様で、様々な業務シーンで利用されるモバイルデバイスの管理ツールとして「MobiControl」を採用し、利用されていることを受け製品サイトに導入事例を公開しました。

三菱重工業株式会社様導入事例URL: http://mobicontrol.jp/case/case006.html


【導入背景】
・ワーキンググループの立ち上げ
モバイルデバイスを業務利用することを前提に「モバイル端末活用ガイドライン」の策定のため、2011年に社内ワーキンググループを立ち上げました。

・セキュリティの確保
ガイドライン策定の際、重要な検討課題が「セキュリティ」であり、モバイルデバイスを安全に活用するためにはMDM(Mobile Device Management)の導入が必須であるとの結論につながりました。


【導入の決め手】
・基本的機能の充実
・操作の容易性
・細やかな管理者権限設定
・グローバルでの実績
・マルチOS/マルチプラットフォーム対応


【導入後の効果】
「セキュリティ管理」「運用管理」を兼ね備え、効率的になったこと、事業本部を集約・再編して、4事業ドメインの新組織を設立した際にも、管理業務が滞ることなく移行をスムーズに行うことができました。

事例詳細につきましては上記、導入事例サイトをご覧下さい。


【MobiControlについて】
今や多くの企業で、スマートフォンをはじめとしたモバイルデバイスを業務に利用し、活用しています。デバイス管理の効率的な運用を考え、業務アプリの配信やインストール、リモート操作によるサポートやセキュリティ対策などをEMM(MDM)に期待し、導入する企業も増えております。「MobiControl」は、カナダのSOTI Inc.(本社:オンタリオ州)が開発販売してきたEMM(MDM)製品(業務端末の管理ツール)分野のリーダー的存在として、Windows Mobile/CE端末向けの端末管理ツールを皮切りに、発売から15年以上経過し、現在ではマルチOS/マルチプラットフォーム対応にもなって、世界の15,000社を超える様々な業種の企業で利用されています。


【MobiControl v12の新機能】
・Android for Work対応
・DEP(Apple Device Enrollment Program)対応
・Windows 10 Mobileへの対応
・Zebra社の「Link-OS(TM)」プリンターへの対応
・Windows Mobile/CE端末およびAndroid端末への「MobiControl Stage」導入
・アップル、京セラ、レノボ、ソニー、サムスン、LG、およびゼブラ/モトローラのAPIをサポート
・iOS 9への対応
など


【MobiControlの主な機能】
・マルチOS対応(Android、iOS、Windows Mobile/CE、Windows PC/Server、Windows Phone)
・リモートコントロール機能
・位置情報管理
・ランチャー機能(Kiosk端末化)
・Apple VPP対応
・マルウェア検出・隔離機能
・Webフィルタリング機能
・アプリ管理機能(サイレントインストール含む)
・コンテンツマネジメント機能
など

商品詳細URL: http://www.mobicontrol.jp/ (MobiControl.jp)


■会社概要
(1) 商号   : ペネトレイト・オブ・リミット株式会社
(2) 代表者  : 代表取締役 佐武 伸雄
(3) 本店所在地: 東京都千代田区神田神保町3-4-29 九段下SSTビル
(4) 設立年月日: 2011年1月
(5) 関連会社 : 株式会社ワールド情報、アヴァンティ株式会社
(6) URL    : http://pol-japan.co.jp/ (コーポレートサイト)
         http://mobicontrol.jp/ (MobiControl紹介サイト)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る