• トップ
  • リリース
  • 【ノエビア銀座ギャラリー】"今森光彦ペーパーカット展「どうぶつ島たんけん」"開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ノエビアグループ

【ノエビア銀座ギャラリー】"今森光彦ペーパーカット展「どうぶつ島たんけん」"開催

(@Press) 2016年06月29日(水)11時00分配信 @Press

ノエビアは、2016年7月4日より、ノエビア銀座ギャラリー(東京・銀座)にて、"今森光彦ペーパーカット展「どうぶつ島たんけん」"を開催いたします。
里山をテーマとした作品で知られる今森光彦氏は、写真家とペーパーカット作家というふたつの顔を持っています。
熱帯雨林からサバンナまで世界中を取材し、昆虫、哺乳動物、爬虫類など数えきれない生きものたちとの出会いがありました。ブッシュの中のライオン、アボリジニーの家族と追いかけたカンガルー。
本展では、「どうぶつ島たんけん」と題し、今森氏の想い出がいっぱいつまった動物のペーパーカット作品をご覧いただきます。


【今森光彦ペーパーカット展「どうぶつ島たんけん」】 入場無料
会期:2016年7月4日(月)〜9月2日(金)
開催時間:午前10時〜午後6時 (土・日・祝日は午後5時まで)
会場:ノエビア銀座ギャラリー(東京都中央区銀座7-6-15 ノエビア銀座本社ビル1F)
主催:株式会社ノエビア

ノエビア銀座ギャラリーサイト:http://gallery.noevir.jp
※"今森光彦ペーパーカット展「どうぶつ島たんけん」"についての情報は、2016年7月1日(金)午後6時公開予定です。


=今森光彦(いまもり みつひこ)=
1954年 滋賀県大津市生まれ
大学卒業後、独学で写真技術を学び、1980年よりフリーランスの写真家となる。以後、琵琶湖を望む田園にアトリエを構え、自然と人との関わりを「里山」という概念で追う一方、世界各国を訪ね、熱帯雨林から砂漠まで、生物の生態を追求し広く、世界の辺境の地までを取材し続けている。
第20回木村伊兵衛写真賞、第28回土門拳賞、第48回毎日出版文化賞、第42回産経児童出版文化賞大賞、第56回小学館児童出版文化賞など受賞多数。



■お客さまからのお問い合わせ先■
0120-401-001
(月〜金/午前9時〜午後6時 土日祝日・年末年始除く)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る