• トップ
  • リリース
  • 子育てに関するアプリ事業の代表に訪れた「もしも!の時」を公開

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

日本PCサービス株式会社

子育てに関するアプリ事業の代表に訪れた「もしも!の時」を公開

(@Press) 2016年06月22日(水)10時30分配信 @Press

年間13万件以上のパソコン、スマホ、デジタル機器へのサポート実績をもつ日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市/代表取締役社長:家喜 信行/証券コード:6025)は、「ドクター・ホームネット」のスペシャルサイト< http://4900.tv/ >にて、株式会社Lifull FaM 代表取締役 秋庭麻衣さんの「もしも!の時」を新たに公開いたしました。

____________________________________

今まで大変だったことは、山ほど。
「ピンチの時こそ、成長できるチャンス」と、いつも思うように。

____________________________________

<秋庭 麻衣さん の もしも!の時>
https://www.4900.co.jp/moshimo/post-836/


秋庭 麻衣さん
不動産住宅情報サイト「HOME’S」を運営する「ネクスト」に新卒で入社し、社内第一号となる産休・育休を取得。復職後は、自ら子育て支援施策を提案し、社内制度を立案。約10年の人事部勤務を経て、女性の仕事と子育ての両立を目指し、「Lifull FaM」を設立。
パパとママのコミュニケーションアプリを運営する。1児の母。



<「ドクター・ホームネット」スペシャルサイト>  http://4900.tv/
「ドクター・ホームネット」のスペシャルサイトでは「もしも!の時」と題して、暮らしを応援しつづける「ドクター・ホームネット」が「今を活躍する人、いまをつくる人」を取材し、日々の暮らしや仕事などでピンチだったことに対する克服ストーリーや、実際に起こったデジタル機器のトラブルなども紹介しています。また、各種トラブルに相応しいサービスの紹介なども行っています。


<日本PCサービス株式会社の新ブランド「ドクター・ホームネット」とは>
これからの日本では、少子高齢化が進み、それを補うべくIT化、スマートハウス化、ロボット化が、ますます進んで参ります。そこには必ず「人とIoT機器をつなぐサービス」が必要になります。

「家まるごとスマートサポートの日本PCサービス」は、ホームネットワークを維持、管理し、トラブル時には緊急で対応する企業として最高のサービスでICT、IoT機器社会の様々なお困りごとを解決し、お客様に安心、快適なスマートライフをお過ごしいただく。
それが私たちの使命と考え、スマートライフの発展とともに私たちの新ブランド「ドクター・ホームネット」のサービスも進化し続けます。


<新ブランドロゴ>
「人とスマートライフの良い関係」をキャッチフレーズにパソコンをはじめとしたデジタル機器やホームネットワーク全般をサポートするサービスを表現。そこには必ず「人」が中心となり、さまざまな「人」の快適なスマートライフをご提案して参ります。


<会社概要>
会社名 : 日本PCサービス株式会社(証券コード:6025)
代表者 : 代表取締役社長 家喜 信行
所在地 : 大阪府吹田市広芝町9-33
設立  : 2001 年9 月
資本金 : 1 億8,880 万円
URL  : https://www.4900.co.jp/
      http://www.j-pcs.jp/
事業内容:ホームIoTの修理・設定・トラブル解決等のサポートサービス
     PC・デジタル家電・スマートフォン・HEMS・ネットワーク関連機器等

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る