• トップ
  • リリース
  • 来園者200万人突破!こんにゃくパークが記念セレモニーを開催

プレスリリース

  • 記事画像1

こんにゃくパーク

来園者200万人突破!こんにゃくパークが記念セレモニーを開催

(@Press) 2016年06月27日(月)11時30分配信 @Press

日本の伝統食“こんにゃく”を楽しく体感する施設「こんにゃくパーク」(支配人:猪谷 清吾、運営:株式会社ヨコオデイリーフーズ)は、2016年6月25日(土)にこんにゃくパークの前身であるこんにゃく博物館からの累計来園者数が200万人を突破し、「200万人ありがとう」セレモニーを開催いたしました。

<こんにゃくパーク 公式ホームページ>
http://konnyaku-park.com/


■「200万人ありがとう」セレモニー
200万人を達成した当日は、こんにゃくパークのイメージキャラクター“月野マナン”が、200万人目のお客様をお迎えし、記念セレモニーを行いました。
200万人目のお客様は、群馬県富岡市からお越しの盛田 樹君(4歳)。ご家族4人で来園されました。こんにゃくパークへは今回が初めてで、来園のきっかけはこんにゃくが大好きな樹君の「こんにゃくパークへ行きたい!」という一言だったそうです。「初めてのこんにゃくパーク、手作り体験やこんにゃくバイキングが楽しみです。」と話していました。


■開館から5年で来園200万人
こんにゃくパークの前身であるこんにゃく博物館は、2011年6月25日にオープンし来園者は389,883人。2014年4月26日にこんにゃくパークへ生まれ変わってからは1,610,117人にご来園いただきました。開館から5年間で累計来園者数は200万人となりました。
来園者200万人の節目を迎え、より一層、こんにゃくのおいしさと文化を100年先まで伝えられる、こんにゃくパークを目指してまいります。


■「こんにゃくパーク」について
2014年4月に前身の「こんにゃく博物館」から拡大オープンしたこんにゃくのテーマパークです。2016年4月26日に2周年を迎えたこんにゃくパークは現在、産直市場・フードコートを建設中で、2016年夏にオープンを予定しています。

<施設概要>
施設名 : こんにゃくパーク
所在地 : 〒370-2202 群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
アクセス: 世界遺産・富岡製糸場から車で15分
      http://konnyaku-park.com/access.html
内容  : ・工場見学
      ・無料こんにゃくバイキング
      ・手作りこんにゃく体験
      ・こんにゃくマーケット
      ・できたてポップコーン工場
      ・足湯
営業時間: 施設/9:00〜18:00(最終受付/17:00)
      足湯/10:00〜17:00
定休日 : 無休(年末年始は除く)
入場料 : 無料
      ※手作りこんにゃく体験は有料となります
URL   : http://konnyaku-park.com/


■会社概要
名称  : 株式会社ヨコオデイリーフーズ
代表者 : 代表取締役社長 横尾 浩之(よこお ひろゆき)
所在地 : 〒370-2202 群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
創業  : 1968年(昭和43年)
設立  : 1989年(平成元年)
事業内容: こんにゃくを中心とした食品の製造・販売・開発
資本金 : 1,000万円
従業員数: 200名(2016年4月現在)
URL   : http://www.yokoo-net.co.jp/


■本件に関するお客様からのお問い合わせ先
Tel:0274-60-4100
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る