• トップ
  • リリース
  • ブライトコーブ、PLAY 2016で製品強化の発表とロードマップのプレビューを実施

プレスリリース

ブライトコーブ株式会社

ブライトコーブ、PLAY 2016で製品強化の発表とロードマップのプレビューを実施

(@Press) 2016年06月21日(火)09時30分配信 @Press

動画クラウド サービスの大手プロバイダーであるBrightcove(NASDAQ:BCOV、以下「ブライトコーブ」)は先月、同社が毎年開催しているカンファレンス、PLAY 2016において、業界をリードする同社の動画プラットフォームに関する、一連の製品強化と技術革新を発表しました。また、近日正式に発表される2016年末までのロードマップのプレビューも行いました。
https://www.brightcove.com/ja/company/press/top-media-companies-brands-and-enterprises-converge-brightcoves-play-2016 (英文プレスリリース)

ブライトコーブのCEO、David Mendelsは次のように述べています。「ブライトコーブの動画技術はすでに市場で最も優れていますが、本日PLAYにおいて、新たに素晴らしい製品強化と今年後半の強力なロードマップを発表することで、市場でのリーダーシップをさらに拡大いたします。」


先月のPLAYにおいて、以下の製品と機能強化が発表されました。
● Accedoと共同開発したOTT Flow
あらゆる場所のメディア企業とコンテンツ事業者向けに、ターンキーOTTソリューションとしてOTT Flowを発表しました。これにより、初期開発費をかけずに、各種デバイス向けに、高品質に消費者に直接配信するためのライブ/オンデマンド動画サービスを導入できるようになります。こちらの製品は、すでに提供を開始しております。
https://www.brightcove.com/ja/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%83%85%E5%A0%B1/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%80%81accedo%E3%81%A8%E5%85%B1%E5%90%8C%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E3%80%8Cott-flow%E3%80%8D%E3%82%92%E6%8F%90%E4%BE%9B%E9%96%8B%E5%A7%8B

● Zencoder UHDのサポート
ZencoderにUHD機能のサポートを追加することで、メディア企業はあらゆる種類のデバイスに4K UHDコンテンツを配信できるようになりました。HEVC、VP9動画コーデック、10ビットカラー ワークフロー、wide gamut BT.2020色域などのUHD機能がサポートされており、すでに提供を開始しております。

● マーケティング オートメーション プラットフォーム機能の強化
Brightcove AudienceはこれまでもOracle EloquaまたはMarketoによる動画マーケティング キャンペーン通知用の最適な方法でしたが、今回、Salesforceの統合機能を追加し、営業チームに個別の潜在顧客や顧客の視聴状況をアラートとして通知できるようになりました。さらに、Brightcove Audienceは行動喚起機能を備えた新しいカスタム フォームを配信することで、マーケターは動画マーケティング活動によるコンバージョンとROIをさらに高められるようになります。この機能は、すでに提供を開始しております。

● コンテンツ レコメンデーションとディスカバリ
ブライトコーブとIRIS.TVの新たなパートナーシップによって、ブライトコーブのお客様は、視聴者にパーソナライズされた番組を簡単に提供し、視聴者数の増加やエンゲージメント強化が可能になりました。この機能は、すでに提供を開始しております。
https://www.brightcove.com/ja/company/press/brightcove-delivers-advanced-content-recommendations-and-discovery (英文プレスリリース)

● 360°動画サポート
Brightcove Playerは360°動画に対応できるようになりました。Chrome、Firefox、Edge、IE 11/Windows 8.1を含むデスクトップ ブラウザ用のこの機能は、現在ベータ版で提供されています。

● コンテンツ マーケットプレース
Video Cloudに新たに統合されたコンテンツ市場を利用して、メディア企業はコンテンツ ライブラリの拡張や、追加の収入源確保が可能になりました。この機能はVembaとのパートナーシップで提供されます。Vembaは、プレミアム パブリッシャー向けの次世代動画配信およびコンテンツ ディスカバリ プラットフォームです。今四半期後半に、エンタープライズ メディア顧客企業向けに提供いたします。
https://www.brightcove.com/ja/company/press/brightcove-launches-new-video-content-marketplace-partnership-vemba (英文プレスリリース)

ブライトコーブはPLAYにおいて、今年末までのロードマップの概要説明と、それに関するデモを行い、以下に関するプレビューが行われました。

● ソーシャル メディア配信
シングル ミッション コントロールのダッシュボードによって、Video Cloudの機能をソーシャル ネットワークにも拡大します。お客様は、Facebook、Twitter、YouTubeを含むソーシャル メディア プロパティへの動画とメタデータの公開を管理することができます。新たなモジュールによって、ソーシャル メディア マネージャは、自社プロパティだけでなく、ソーシャル メディア プラットフォーム上でも、各種動画のスケジューリング、行動喚起、視聴状況の分析を制御することができます。高度な機能を追加して動画のクリッピングや編集を行えるようにし、各ソーシャル チャネル用に最適化された体験を実現します。

● Brightcove Galleryの強化
お客様はYouTubeの動画プレイリストをBrightcove Galleryに追加することで、充実した動画体験を創り出すことができます。その結果、エンゲージメントを強化し、サイトでの閲覧時間も長くなります。

● 体験品質に関するレポート
開始時間、エラー、再バッファリング レート、レンダリング切り替え、デバイス、地域、プレーヤーごとのビット レートを含む再生品質の指標により、視聴者の実際の動画体験を監視、分析、および最適化することができます。

● 次世代のメディア配信プラットフォーム
新しい配信技術によって、お客様はシンプルで高速、低コスト、そして将来のニーズにも対応可能な方法で、変化が激しい多種多様なデバイスへのリーチが可能になりました。そして、著作権が管理された有料コンテンツを配信し、各種コンテンツ配信ネットワーク(CDN)から選択することができます。

● 次世代のBrightcove Live
ブライトコーブのライブ ストリーミング技術を再構築することで、操作の簡略化、セキュアなストリームの追加、新しいクリッピング/配信機能を提供できるようになります。

今回の発表とロードマップのプレビューは基調講演のハイライトとなり、PLAY 2016のWebサイトでもオンデマンドでご覧いただけます。

■ブライトコーブについて
Brightcove Inc.(NASDAQ:BCOV)は、あらゆるインターネット接続デバイスに動画配信し収益化するための強力なクラウド ソリューションを提供する世界的なプロバイダーです。多種多様なデバイスにおける動画の公開、配信、測定、収益化に関するコストや複雑性の軽減を実現する総合的な製品およびサービス群を提供しています。70か国以上でおよそ5,000社のお客様に、ブライトコーブのクラウド ソリューションをご利用いただいており、あらゆる場所の視聴者にも高品質な動画視聴体験を提供しています。詳細は https://www.brightcove.com/ja をご覧ください。

※ 本プレスリリースには、将来的な目標、成長、製品やサービスの開発予定、または機能強化に関する将来予測が含まれています。これらの将来予測は、「考えている」、「期待している」、「可能性がある」、「〜だろう」、「予定である」、「〜はずだ」、「見込みだ」、あるいはこれらに類似した表現およびその否定形によって特定することができます。こうした将来予測はいかなることを保証するものではなく、本書に記載された予測とは大きく異なる結果を招くようなリスクや不確定要素の影響を受けることがあります。この種のリスクと不確定要素については、米国証券取引委員会に提出済みのForm 10-K年次報告書他、各種報告書に記載された「リスク要因」を参照してください。ブライトコーブは、状況が変化した場合でも、本プレスリリースに記載のいかなる将来予測も更新する義務を負いません。なお将来予測は本書作成時点で最新のものです。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る