• トップ
  • リリース
  • サッカー日本代表「長友 佑都」選手が設立する株式会社Cuoreと業務提携契約を締結「長友 佑都」選手と「体幹・ヨガ・脱力」を取り入れたトレーニングプログラム・家庭用運動器具を共同開発

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社東急スポーツオアシス、株式会社Cuore

サッカー日本代表「長友 佑都」選手が設立する株式会社Cuoreと業務提携契約を締結「長友 佑都」選手と「体幹・ヨガ・脱力」を取り入れたトレーニングプログラム・家庭用運動器具を共同開発

(@Press) 2016年06月17日(金)15時00分配信 @Press

会員制総合フィットネスクラブの運営を行う株式会社東急スポーツオアシス(本社:東京都港区、代表取締役社長:平塚 秀昭、以下 オアシス)は、サッカー日本代表「長友 佑都」選手が設立する株式会社Cuore(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 兼CEO:長友 佑都)と業務提携契約を締結いたしました。
長友選手がこれまで経験してきた様々なトレーニングメソッドに、オアシスが培ってきたフィットネスノウハウを掛け合わせ、新たなトレーニングプログラムならびに家庭用運動器具を共同で開発します。


■背景
サッカー界における世界のトッププレイヤーが集まるイタリア・セリエAや日本代表戦など、自分よりも体の大きな選手との試合が多い長友選手。その中で怪我をすることなくプレイし続けるための秘密は、日ごろの「体幹・ヨガ・脱力」を取り入れたトレーニングにあります。長友選手と言えば「体幹トレーニング」が有名ですが、怪我をすることなく常に高いパフォーマンスを発揮し続けるためには「体幹トレーニング」の「固める、鍛える」だけでは不十分であるとの持論です。
大切なことは、「固める、鍛える」に加え、「ヨガ」の要素で関節の稼働域を広げ、自らが意識して「脱力」し身体も心も緩めることができること。この効果は怪我をしない身体作りだけでなく代謝の向上にも寄与し、高いボディメイク効果を期待することができます。

「一人でも多くの方が夢を持ち、健康で充実した日々を過ごしてほしい。」という長友選手の想いと、オアシスの「健康で快適な心身」を願う方々に「健康的な生活スタイル」の提案・提供を行う使命が共感して、この度の業務提携となりました。
両社が力を合わせる事で健康を提供する形や機会を増やすことができ、大きく社会貢献につながると考えています。


■これからの展開
共同開発したプログラムは、東急スポーツオアシス内でマンツーマンのパーソナルプログラムからグループエクササイズ、キッズからシニア向けのプログラムまで幅広い形で展開をしていく予定です。またプログラムの考え方を生かし、東急スポーツオアシスが得意とする家庭用運動器具の開発も行ってまいります。(詳細は今後随時発信してまいります。)
将来的にはプログラムや器具開発にとどまらず、様々な形で多くの方に健康で輝く時間をすごしてもらうための取り組みを、両社力を合わせて行っていく予定です。


■提携先会社概要について
商号    : 株式会社Cuore
代表者   : 代表取締役社長 兼CEO 長友 佑都
本社所在地 : 東京都新宿市ヶ谷薬王寺町78番
主な事業内容:
1.運動、食事、メンタル、健康に関する総合的な情報提供サービス
2.ヘルスケアに関する各種コンテンツ開発や提供
3.トレーニング施設や食品販売、飲食店などの運営及び経営など
URL     : http://cuore-nagatomo.com/
長友佑都選手公式Facebook : https://www.facebook.com/yuto.n55/
長友佑都選手公式Instagram: https://www.instagram.com/yutonagatomo55/
長友佑都選手公式Twitter : https://twitter.com/yutonagatomo5
長友佑都選手公式LINE   : http://lineblog.me/nagatomoyuto/


■東急スポーツオアシス会社概要について
商号    : 株式会社東急スポーツオアシス
代表者   : 代表取締役社長 平塚 秀昭
本社所在地 : 東京都港区南青山2丁目6番21号 TK南青山ビル
主な事業内容: 会員制総合フィットネスクラブの経営・企画・運営
資本金   : 1億円
URL     : http://www.sportsoasis.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る