• トップ
  • リリース
  • 6月20日(月)、文部科学大臣が「世界の教師TOP10」高橋 一也教諭の授業を視察

プレスリリース

  • 記事画像1

学校法人 工学院大学 総合企画部広報課

6月20日(月)、文部科学大臣が「世界の教師TOP10」高橋 一也教諭の授業を視察

(@Press) 2016年06月16日(木)15時00分配信 @Press

工学院大学附属中学校(校長:平方 邦行、所在地:東京都八王子市)の高橋 一也教諭(中学教頭・英語科教諭)は、2016年2月に教育界のノーベル賞と称される『グローバル・ティーチャー賞』トップ10に日本人として初選出されました。
このたび、馳 浩文部科学大臣が、教育界において世界中から高く評価された、高橋教諭の授業を視察することになりました。高橋教諭は3月にドバイ(アラブ首長国連邦)で行われた『グローバル・ティーチャー賞』授賞式に先立ち、大臣を表敬訪問し、今回の授業視察が実現しました。

▽教育界のノーベル賞「世界の教師TOP10」日本人初選出の高橋 一也教諭の詳細
http://www.js.kogakuin.ac.jp/junior/index.html


【授業視察 概要】
日時     : 2016年6月20日(月)8:40〜(約1時間の予定、授業開始 8:55)
場所     : 工学院大学附属中学校・高等学校
所在地    : 東京都八王子市中野町2647-2
アクセス(URL): http://www.js.kogakuin.ac.jp/junior/about/map.html

<視察内容>
テーマは“芸術は人生を豊かにするか?”。
PBLのアートプロジェクトで行った事柄(絵を描く・ダンス・歌・3Dプリンター使用等)を振り返り、生徒と議論を行います。その後、他科目の(美術・英語)教諭も参加してワールドカフェ方式でディスカッションを行います。


■グローバル・ティーチャー賞とは
イギリスの非営利教育団体であるバーキー財団(Varkey基金)が設立し、世界148カ国・約8,000人の中から選出された教師に与えられる国際的な賞です。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る