• トップ
  • リリース
  • Webサイトの制作を手がけるパイロット、韓国CMS業界大手 K2WebTech社と業務提携 〜情報統合管理・配信システム『Terminal7』の日本国内の販売を6月20日に開始〜

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社パイロット、K2WebTech株式会社

Webサイトの制作を手がけるパイロット、韓国CMS業界大手 K2WebTech社と業務提携 〜情報統合管理・配信システム『Terminal7』の日本国内の販売を6月20日に開始〜

(@Press) 2016年06月17日(金)11時00分配信 @Press

Webサイトの制作を手がける株式会社パイロット(本社:東京都渋谷区、代表取締役:井ノ部 研太、以下 パイロット)は、韓国におけるWebシステム開発大手のK2WebTech株式会社(本社:ソウル特別市衿川区、代表取締役:金 泰日(キム テイル)、以下 ケーツーウェブテク)と、2016年4月1日(金)より業務提携し、2016年6月20日(月)より日本向けに情報統合管理・配信が可能なCMSシステム『Terminal7(ターミナルセブン)』の提供を開始することとなりました。

『Terminal7』は、従来のWebサイト制作を目的としたCMSの機能に、情報統合管理の概念を加えたWebシステムパッケージで、クライアント組織内部の情報統合管理による業務効率の改善、コスト削減と、Webサイトの複数制作による情報配信や取得したデータのマーケティング活用を一括で実現します。

『Terminal7』 URL: http://terminal7.pilotz.jp


■業務提携の目的
ケーツーウェブテクは、これまで韓国国内における官公庁、自治体、大学・学校機関、企業を中心に、『Terminal7』の前身となるWebシステム「K2 Wizard(ケーツーウィザード)」を提供し、韓国国内でCMS業界トップシェアのIT企業です。
IT強国と呼ばれる韓国では、政府や自治体、公的機関、企業において、日本ではまだ行われていないWebの利用方法が多く、組織内のコミュニケーションの活性化や、情報配信のシステム化が進んでいます。「K2 Wizard」は、その中でもトップシェアのCMSサービスとして韓国国防軍や政府機関、自治体、学校に導入されているサービスです。

本業務提携契約により、パイロットは日本国内における情報統合管理・情報配信システムの常識を覆すCMS『Terminal7』を提供し、クライアントの利便性と営業効果の高い事業展開に貢献します。

K2WebTech URL: http://www.k2web.co.kr/mbs/jpn/


【会社概要】
■株式会社パイロット
商号  : 株式会社パイロット
代表者 : 代表取締役 井ノ部 研太
所在地 : 〒151-0053
      東京都渋谷区代々木1-55-14 セントヒルズ代々木1201号室
設立  : 2005年4月
事業内容: インターネットメディア事業(自社コンテンツの運営)、
      Web制作事業(制作受託業務)、
      システム開発事業(開発受託業務)、
      パッケージソフト販売事業、
      データセンター事業(ASPサービス提供)、
      プロデュース事業(その他サービスの企画・立案・運営・サポート)
資本金 : 4,500万円
URL   : http://pilotz.jp/

■K2WebTech株式会社
商号  : K2WebTech株式会社
代表者 : 代表取締役 金 泰日(キム テイル)
所在地 : ソウル特別市衿川区釜山路 96、1510号
      (デリュンテクノタウン8次)
設立  : 2001年2月
事業内容: ウェブサイト構築、ソリューション開発およびコンサルティング
      (ウェブエージェンシー、SI、ソリューション、コンサルティング)
資本金 : 3.2億ウォン
URL   : http://www.k2web.co.kr/mbs/jpn/index.jsp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る