• トップ
  • リリース
  • 四条通歩道拡幅事業が「国際交通安全学会賞」「日本都市計画学会賞」に続き,「土木学会賞」を受賞しました!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

京都市 都市計画局歩くまち京都推進室

四条通歩道拡幅事業が「国際交通安全学会賞」「日本都市計画学会賞」に続き,「土木学会賞」を受賞しました!

(@Press) 2016年06月13日(月)20時15分配信 @Press

この度,昨年10月末に完成した本市の「四条通歩道拡幅事業」が,公益社団法人土木学会の「土木学会賞(技術賞 二グループ)」(※)を受賞し,6月10日(金)に東京のホテルメトロポリタンエドモンドで表彰式が行われましたので,お知らせいたします。
これまで,四条通歩道拡幅事業は,今回の土木学会の他に,国際交通安全学会から交通の視点,日本都市計画学会からまちづくりの視点で表彰いただくなど,多角的な視点から評価いただいております。

※ 公益社団法人土木学会は,国内有数の工学系団体で「土木工学の進歩および土木事業の発達ならびに土木技術者の資質向上を図り,もって学術文化の進展と社会の発展に寄与する」(土木学会定款)ことを目指し,「学術・技術の進歩への貢献」,「社会への直接的貢献」,「会員の交流と啓発」を活動の柱として,さまざまな活動を展開している団体です。
技術賞二グループは,土木技術の発展に顕著な貢献をなし,社会の発展に寄与したと認められる画期的なプロジェクトを対象に選考されます。

 土木技術の発展に顕著な貢献をなし、社会の発展に寄与したと認められる画期的なプロジェクトであるとの評価を受け,受賞しました!

■ 四条通歩道拡幅事業とは
従来の道路整備は,道路を外側に広げることにより,車道や歩道の環境改善が進められてきましたが,京都市では,市内有数の繁華街である四条通において,人とクルマの通行量と歩道と車道の幅員がアンバランスであることから,道路の全幅は変えずに,車道を減らし歩道を広げ,人と公共交通を優先する道路整備を行いました。






プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る