• トップ
  • リリース
  • 再生可能エネルギーの事業化を学ぶローカルビジネススクール「平成28年度まちエネ大学」開催地域募集開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

まちエネ大学事務局

再生可能エネルギーの事業化を学ぶローカルビジネススクール「平成28年度まちエネ大学」開催地域募集開始

(@Press) 2016年06月06日(月)17時00分配信 @Press

経済産業省資源エネルギー庁は、平成25年度から、再生可能エネルギーの導入が地域活性化に繋がるような自主的・自発的な地域主導型再生可能エネルギービジネスの展開に向け、地域理解の促進・人材育成を目的として、実践型再生可能エネルギー地域人材育成スクール「まちエネ大学」を実施しています。
今年度の開催地域について、平成28年6月6日(月)から募集を開始します。

「平成28年度まちエネ大学」開催地域の募集期間中に、全国5カ所(6月20日<福岡県福岡市>、6月21日<富山県富山市>、6月22日<北海道旭川市>、6月23日<高知県高知市>、6月27日<岩手県盛岡市>)で説明会を開催いたします。説明会では、開催地域募集の概要説明のほか、「まちエネ大学」の卒業生が登壇し、再生可能エネルギー事業挑戦の体験をお話しします。さらには、地域の資源を活かした再生可能エネルギー事業化と、そこに必要な地域の人材育成のあり方をテーマとしたパネルディスカッションも行います。

<まちエネ大学の応募条件>
◆地域に根ざした再生可能エネルギー事業を検討中または実施中の方(個人/グループ)
◆開催決定後、講座開催場所の選定や講座当日の運営にご協力いただけること
※地域に根ざした再生可能エネルギー事業の展開に向け、地元自治体や金融機関等の参画が
見込まれる案件を優先して採択します。
「まちエネ大学」では、地域における再生可能エネルギーの事業化に必要な基礎知識の習得のみならず、地域に根ざした事業展開に必要なコミュニケーション術の習得や、地域再生論×再生可能エネルギーの講義やディスカッションを行っています。これまでの3年間で、全国15地域で500名を超える参加者の中から、地域で事業計画を主導するリーダー人材(まちエネリーダー)が生まれ、全国各地で活躍しています。
今年度は、さらに地域理解の促進や地域経済に貢献する事業化を支援すべく、地域に根ざした再生可能エネルギー事業化を目指す地域を公募し、全国8カ所(予定)で開講します。
各地の「まちエネ大学」では、再生可能エネルギーを通じた地域づくりに取り組むトップランナーによる講義を行い、地域からの参加者が協力し合いながら再生可能エネルギー事業計画を作成するワークショップを行う予定です。

主催:経済産業省資源エネルギー庁
企画・運営:まちエネ大学事務局((株)TREE内)
URL:http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/ 
(なっとく!再生可能エネルギー内) 

1.「まちエネ大学」とは
平成25年度より実施している再生可能エネルギーの導入を通じて地域経済に貢献する事業創出を支援する地域理解促進・人材育成プログラム。平成25年度、平成26年度は、各5地域で開講しました。平成27年度は、公募を通じて開催地を決定し、秋田、静岡、滋賀、和歌山、沖縄で実施しました。再生可能エネルギー事業を起こすために必要な基礎知識のみならず、地域に根ざした事業展開に必要なコミュニケーション術や映像教材やテキストの提供の他、再生可能エネルギー分野のトップランナーや法律・金融リスクの専門家が、事業開始に向けた計画を描くことができる力を養うためのサポートをします。

2.「平成28年度まちエネ大学」の開催について
(1)公募条件
今年度の「まちエネ大学」は、再生可能エネルギーを通じた地域経済自立を促す観点から、以下のような条件を満たしてご応募いただいたもののうち、8件程度の地域を採択し、現地に講師・事務局が出向いて開催いたします。

<応募条件>
・地域に根ざした再生可能エネルギー事業を検討中または実施中の方(個人/グループ)
・講座開催場所の選定や講座当日の運営をご協力いただけること。
※地域に根ざした再エネ事業の展開に向け、地元自治体や金融機関等の参画が見込まれる案件を優先して採択をします。

(2)「平成28年度まちエネ大学」プログラムについて
平成28年9月開講後、全5回のプログラムを行います。専門家(まちエネアドバイザー)の指導や先進事例についての映像教材などを通じて、再生可能エネルギー事業化に関わるステークホルダー間でのワークショップで事業計画を作成していきます。全5回の概要は以下の通りです。
第1回:地域資源を活かすスキルを学ぶ
第2回:再生可能エネルギーを活用した地域課題の解決について学ぶ
第3回:地域協働型事業の組み立て方を学ぶ
第4回:事業化におけるリスクを学ぶ
第5回:成果発表

(3)費用負担等について
実施地域においては、テキスト代として一人あたり3,000円をご負担いただきます。また、講座開催場所の選定、当日の運営、地域内での参加者の呼びかけ等のご協力をお願いします。

3.「平成28年度まちエネ大学」 開催地域募集説明会について
(1)日時・場所
【博多会場】
日時:6月20日(月)15:00〜17:00(開場14:30)
場所:JR博多シティ 会議室3(JR博多駅0分直結、駐車場あり)
住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1

【富山会場】
日時:6月21日(火)14:00〜16:00(開場13:30)
場所:ボルファートとやま 琥珀の間(JR富山駅北口徒歩5分、駐車場あり)
住所:富山県富山市奥田新町8-1

【旭川会場】
日時:6月22日(水)15:00〜17:00(開場14:30)
場所:旭川産業創造プラザ 研修室(JR旭川駅より車15分、駐車場あり)
住所:北海道旭川市緑が丘東1条3丁目1-6

【高知会場】
日時:6月23日(木)15:00〜17:00(開場14:30)
場所:高知市文化かるぽーと 第3学習室(JR高知駅より市電5分、駐車場あり)
住所:高知県高知市九反田2-1

【盛岡会場】
日時:6月27日(月)14:00〜16:00(開場13:30) 
場所:岩手県盛岡市産学官連携研究センター(岩手大学工学部内)1階会議室
(JR盛岡駅よりバス15分)
住所:盛岡市上田三丁目18番8号

(2)参加費用:無料

(3)プログラム概要(予定)
○オープニング:「まちエネ大学とは:地域づくりにおける人材の重要性」
       水野 雅弘(まちエネ大学プロデューサー/株式会社TREE代表取締役)

○「なぜ今、地域で再エネなのか」 〜再エネ×地域活性化とは〜
       資源エネルギー庁担当者

○まちエネ大学卒業生によるミニ講義
「地域リーダーが語る再エネがもたらす地域の可能性」
浅輪 剛博(せたがや市民エネルギー合同会社代表/2013年度東京スクール卒業生)
仁木 佳男(一般社団法人南紀自然エネルギー代表/2013年度和歌山スクール卒業生)
米井 康史(智頭石油株式会社/2013年度滋賀スクール卒業生)
※各会場で1名、会場ごとに登壇者が異なります。

○ミニトークセッション
「まちエネリーダーが地域を変える」
地域の資源を活かした再エネ事業化と、そこに必要な地域の人材育成のあり方をテーマにまちエネ大学卒業生、ならびに説明会開催地域の事業者、自治体、高等教育機関等の方々を交えて討議します。

○まちエネ大学エントリーの方法について(事務局より)

(4)参加申し込みについて
まちエネ大学開催地域募集説明会への参加申込みは、
1.参加フォーム:アドレスhttp://www.greenpower.ws/resist
2.まちエネ大学事務局へ「会場、氏名/所属、まちエネ開催希望地域の地名、連絡先ア
ドレス」を明記のうえ、メールで申込み
※各会場開催日前日17時まで受け付け。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る