• トップ
  • リリース
  • 遺伝子解析事業のジーンクエスト、経産省の「IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業」に係る委託先に採択

プレスリリース

株式会社ジーンクエスト

遺伝子解析事業のジーンクエスト、経産省の「IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業」に係る委託先に採択

(@Press) 2016年06月03日(金)10時30分配信 @Press

株式会社ジーンクエスト(本社:東京都品川区、代表取締役:高橋 祥子)は、この度、経済産業省が行う平成27年度「IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業(ライフデータ解析を用いた健康増進モデル事業)」に係る委託先に採択されたことをお知らせいたします。

本事業は、経済産業省から委託された一般社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム(JBIC)によって、2016年4月8日から2016年5月9日の期間に公募が行われ、応募内容について、外部の有識者による採択審査委員会において厳正な審査が行われた結果、当社の提案内容が採択されました。(※1)


(1) 事業の背景・目的
近年、ゲノム情報を含む健康・医療情報(ライフデータ)の収集が急速に進み、様々な産業分野での有効活用が期待されています。しかしながら、現状では多くのライフデータの中から健康や疾患等のリスク要因となる情報を効率よく見いだす方法は限定されています。また、ライフデータは、病院・研究機関等に分散して蓄積されていますが、散在する膨大なデータを、プライバシーを保護しつつ効率的に扱う基盤技術が整備されていません。
本事業では、このような現状の課題の克服を可能にする技術の実証を行うとともに、当該技術の有用性や適正な利用方法の社会理解を深めながら、当該技術の普及・社会実装を推し進めます。(※2)より引用


(2) 事業内容
「複数のリスク因子を効率的に見いだす候補探索法の実証」
最新の統計手法をゲノムワイド関連解析法(疾患・体質等に関わる遺伝子マーカーを、全ゲノムを対象に網羅的に検索する方法)に導入し、疾患・体質等に関わる複数のリスク因子を現実的な計算資源を用いて効率的に見いだす候補探索法の実証。


※1「IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業(ライフデータ解析を用いた健康増進モデル事業)におけるライフデータを用いた健康増進モデル実証事業」に係る委託先の採択結果について
http://www.jbic.or.jp/news/project/sub/2016/0601.html

※2「IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業(ライフデータ解析を用いた健康増進モデル事業)におけるライフデータを用いた健康増進モデル実証事業」に係る公募要領
http://www.jbic.or.jp/news/project/sub/2016/files/yoryo.pdf


当社では、本事業によって生み出される成果を活かして、より信頼できる遺伝子解析サービスを提供し、遺伝子事業の発展に貢献できるよう取り組んでまいります。


■企業情報
社名  : 株式会社ジーンクエスト
所在地 : 東京都品川区東五反田5丁目22番37号
      オフィスサークルN五反田5階
設立  : 2013年6月20日
資本金 : 110,000千円(資本準備金含む)
代表者 : 代表取締役 高橋 祥子
事業内容: 個人向け遺伝子解析事業
URL   : https://genequest.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る