• トップ
  • リリース
  • マイクロソフト コーポレーション CEO サティア ナデラ来日

プレスリリース

  • 記事画像1

日本マイクロソフト株式会社

マイクロソフト コーポレーション CEO サティア ナデラ来日

(@Press) 2016年05月26日(木)11時00分配信 @Press

 2016年5月24日、マイクロソフト コーポレーション CEO サティア ナデラが来日し、日本のビジネスリーダー、開発者、スタートアップ、学生と交流し、マイクロソフトの企業ミッションを紹介するとともに、デジタルトランスフォーメーションを通しての将来の成長や競争力強化の機会について、そして社会に、より広範囲のインパクトを与えるためのテクノロジの方向性を共有しました。


【de:code 2016の基調講演に登壇】
 開発者・IT技術者向けのイベント「de:code 2016」の基調講演に登壇しました。約2,000名の聴衆の前で、マイクロソフトの企業ミッション、目指すアンビションを、日本のお客様との取り組みを交えながら紹介しました。日本のお客様のデジタルトランスフォーメーションの例として、トヨタ自動車様との「TOYOTA Connected」への取り組み、日本航空様のHoloLensを活用したプロジェクト、スタートアップ企業との連携などを紹介しました。また、Conversation as a Platformの取り組みでは、日本で340万人の友だちを持つ女子高生AIサービス「りんな」に関してデモを交えて紹介しました。そして、米国ワシントン州シアトルを本拠地とする国際NPO法人iLEAPと協働した若者のリーダーシップ育成のプログラム「TOMODACHI - Microsoft iLEAP Social Innovation and Leadership」を紹介しました。


【渋谷区立広尾中学校を訪問】
 ナデラは、東京都渋谷区立広尾中学校(校長:松田 芳明)を訪問しました。広尾中学校は、5月から開始した「Minecraft:Education Edition ベータプログラム」に参加する国内の第一号校です。約50名の中学2年生が参加した「Minecraft:Education Edition ベータ」を活用したプログラミングの授業を参観し、生徒達と交流しました。

 そのほか、一般社団法人 日本経済団体連合会を訪問、懇談会に参加させていただき、約140名のビジネスリーダーの皆様とマイクロソフト自身の企業ミッションやトランスフォーメーションへの取り組み、産業界におけるデジタルトランスフォーメーションの重要性、サイバーセキュリティ対策、ダイバーシティの推進など様々なビジネステーマで意見交換をしました。スタートアップ企業の代表の方々と面会し、テクノロジの未来や、マイクロソフトのスタートアップ企業との連携について意見交換をしました。


●関連URLにつきましては、以下URLをご参照ください。
・日本マイクロソフト株式会社 News Center
http://news.microsoft.com/ja-jp/features/satya-nadella-japan-visit/#sm.001qnc0ed1017e5kq01155otguggr

・Minecraft:Education Edition ベータプログラム実施に関して
http://news.microsoft.com/ja-jp/2016/05/24/160524_minecraft_education/#sm.00001yqgvywfs6fjxwxf5bt685tvy

・「de:code 2016」の基調講演
https://channel9.msdn.com/Events/de-code/decode2016-livestreaming


【日本マイクロソフト株式会社について】
 日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more. (地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
 日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、親しみやすく、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

日本マイクロソフト株式会社 Webサイト: http://www.microsoft.com/japan/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る