• トップ
  • リリース
  • シェアリングテクノロジー(代表取締役・引字 圭祐)が『注目の西日本ベンチャー100』に選ばれました

プレスリリース

  • 記事画像1

シェアリングテクノロジー株式会社

シェアリングテクノロジー(代表取締役・引字 圭祐)が『注目の西日本ベンチャー100』に選ばれました

(@Press) 2016年05月23日(月)09時30分配信 @Press

シェアリングテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:引字 圭祐、以下 シェアリングテクノロジー)はこのたび、西日本の成長企業を採り上げる『注目の西日本ベンチャー100』に選ばれました。

注目の西日本ベンチャー100
http://www.nishinihon-venture.com/company/sharing-tech/


『注目の西日本ベンチャー100』は、新しい世界を切り拓くベンチャー企業の中でも、東京とは違う地方ならではの独自の魅力や存在意義を持つ西日本のベンチャーをフィーチャーしたWebサイトメディアです。
中部エリアからの選抜はシェアリングテクノロジー含め3社のみ。サービス提供者の非稼働時間の有効活用、つまりシェアリングエコノミーのモデルを取り入れ、企業の非稼働時間を解消できる仕組みを提供し、効率的な事業運営をサポートすることによって、日本のライフサービスにイノベーションを起こそうとするチャレンジ精神旺盛な事業内容が評価されました。
また、シェアリングテクノロジーの事業は、自社で拠点を持つのではなく、各地域の企業の非稼動時間を活用するビジネスモデルであるという点も注目されています。


■掲載内容より一部抜粋、紹介
ライフサービスに「革新」を起こし、顧客満足と従業員満足を生み出す

― 御社の事業内容を教えてください。
プラットフォームに集積した情報からユーザーニーズを汲み取ったライフサービスプランを構築。サービス提供者の非稼働時間の有効活用、つまりシェアリングエコノミーのモデルを取り入れ企業の非稼働時間を解消できる仕組みを提供し、効率的な事業運営をサポートしています。たとえば、サービス提供者は移動中の空き時間、今いる場所から近い場所の案件の対応をすることで自社の空き時間を解消することが出来ます。そして、ユーザーには満足度の高いプロのサービスをスピーディーに提供することができる事業運営を行っております。

― 起業の経緯を教えて下さい。
大学在学中の2006年に起業しました。当時は経営のことなどよく分からずいろいろなことにチャレンジし、失敗しました。その中で様々な経営者の方にお会いしていくことで、いろいろな情報に触れ「経営者としての自覚と生き方」を意識するようになりました。自分の感性と時代の流れを先読みし、世の中をどんどん良くしていきたい。働く人に未来を創造するワクワク感を味わって欲しい。そんな想いを胸にこれからも邁進していきます。

(以上、注目の西日本ベンチャー100 http://www.nishinihon-venture.com/company/sharing-tech/ より抜粋)


■会社概要
会社名  :シェアリングテクノロジー株式会社
所在地  :〒460-0002
      愛知県名古屋市中区丸の内3-23-20 HF 桜通ビルディング2F
代表取締役:引字 圭祐(ひきじ けいすけ)
設立   :2006年11月24日
資本金  :4,500万円
生活110番     : https://www.seikatsu110.jp/
コーポレートサイト: http://www.sharing-tech.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る