• トップ
  • リリース
  • 情報技術開発、食品スーパーマーケットを展開するハローズに需要予測型自動発注システムを導入 ―70か所の全店舗および物流センターで稼働―

プレスリリース

  • 記事画像1

情報技術開発株式会社

情報技術開発、食品スーパーマーケットを展開するハローズに需要予測型自動発注システムを導入 ―70か所の全店舗および物流センターで稼働―

(@Press) 2016年05月24日(火)09時30分配信 @Press

 情報技術開発株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:三好 一郎、以下 tdi)は、食品スーパーマーケットを展開する株式会社ハローズ(所在地:広島県福山市、代表取締役社長:佐藤 利行、以下 ハローズ)様のローコストオペレーションによる顧客満足度向上を目的としたSCM(Supply Chain Management)(※1)の全体最適化プロジェクトの一環として、株式会社リンク(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:南谷 洋志、以下 リンク)の需要予測型(※2)自動発注ソリューション「SINOPS-R」と需要予測型キャッシュ・フロー最適化ソリューション「SINOPS-W」の、システム導入をいたしました。
 本システムは2015年7月より順次導入され、2016年4月末時点で、70か所の全店舗および物流センターで、稼働しております。


※1:SCM(Supply Chain Management)
 供給業者から最終消費者までの、統合的なプロセス全体の効率化と最適化を実現するための経営管理手法で、具体的には、自社内(物流センターおよび店舗)あるいは取引先との間で受発注や在庫、販売、物流などの情報を共有し、原材料や部材、製品の流通の全体最適を図る。
※2:需要予測型
 過去の販売実績から需要を予測することにより、日々適正在庫数および発注数を決定する。


【背景】
 24時間営業の食品スーパーマーケットを展開するハローズ様は、長期ビジョンとして「瀬戸内商勢圏180店舗 3,000億円構想」を掲げ、フォーマット(業態)としては24時間営業の600坪型NSC(Neighborhood Shopping Center:近隣購買型ショッピングセンター)を中心に、自社物流センターを保有し、広島・岡山・香川・愛媛・徳島・兵庫で店舗展開しています。
 中期経営計画として「2020年100店舗 1,500億円計画」を推進中であり、商品面においては、NB(ナショナルブランド)、LB(ローカルブランド)および、独自開発商品のハローズセレクション商品(PB:プライベートブランド)を中心に低価格で販売しています。
 創業以来「地域社会の生活文化向上に貢献する」を経営理念の第一義に、28期連続増収(2016年2月期 2016年4月発表)を続けられ、2016年2月期末には、69店舗で売上高1,000億円達成しました。また、2015年10月に東証1部上場しています。
 そして、「地域一番お客様貢献店」実現のために顧客満足度向上と収益改善に取り組み、商品コスト、設備コスト、販売コストの引き下げによるローコストオペレーションの確立を掲げています。
 その取り組みの中で、SCM全体の無駄を削減するためには、店舗から自社物流センター、ベンダー・メーカーまでの情報を一元管理するシステムが必要であると考え、より効率の良い商品供給を実現させるためにSCM全体での改革・改善を検討されました。

 このニーズに対しtdiは、「多種多様な商品分類の需要予測・自動発注での実績豊富なシステムであること」「シリーズ製品で必要機能をカバーしており、連動させることで、SCM全体で在庫の最適化、物流コストの削減などの効果が最大限得られること」から、「SINOPS」シリーズをご提案しました。そして、食品スーパーマーケットのシステム導入経験が豊富で、自動発注システムについて習熟しているtdiが、システム全体の構築支援を行うとし、本システムを選定いただきました。


【新システムについて】
 新システムでは、店舗向け自動発注に「SINOPS-R」、物流センター向け自動発注およびSCM最適化に「SINOPS-W」を採用しております。
 「SINOPS-R」は、店舗の売場のボリューム感を損なうことなく、過剰在庫の削減、欠品の削減、発注・陳列作業の人時削減に貢献しています。また、棚割りシステムとの親和性もよく、棚割システムから最低・最大陳列量を連携することにより、棚割り変更(フェース拡縮)時には発注量の自動調整を行ないました。
 「SINOPS-W」は、HLC(ハローズ早島物流センター)の常温センター、低温センターに導入され、自社在庫商品および預かり在庫商品の需要予測を行い、在庫日数、仕入れ先の配送タイミング・トラックの積載効率を考慮した発注量まるめ(仕入先、メーカー、任意商品などで設定可能)など最適な補充発注処理を実現し、HLCおよびメーカー・卸を含む全体の物流を最適化しました。


【今後の展望】
 tdiは、本システムおよび周辺機能によるさらなる効率化のご提案およびシステム構築を行い、ハローズ様のご支援を続けてまいります。
 また、SINOPSを中心に流通ソリューションビジネスを推進し、小売業、卸業各社様の物流業務の効率化・利益率の改善のご支援をさせていただく所存です。


【「SINOPS」シリーズについて】
■「SINOPS-R」
・小売業様向け 需要予測型自動発注ソリューション
・日配品、惣菜、パンカテゴリーへの対応も可能にした『自動発注ソリューション』です。
・POS情報、販売価格、特売情報、賞味期限、天候・気温といった条件も考慮。
・類似商品のカニバリーゼーション(喰い合い)にも対応可能です。
・小売業52社 3,000店舗で採用

■「SINOPS-W」
・卸売業様向け 需要予測型キャッシュ・フロー最適化ソリューション
・毎日、センター・カテゴリー・単品ごとに『在庫に関わる総キャッシュ・フローを最適化』するソリューションです。
・仕入条件、賞味期限、配送時の容積からの最適化も自動で算出。
・仕入れ条件の変更による総キャッシュ・フロー最適化シミュレーション機能を搭載しています。
・卸売業・他88社で採用


■会社概要 情報技術開発株式会社について
 1968年創業の独立系のシステムインテグレーターです。主に企業向けにシステム開発・保守・システム運用・管理等のサービスを提供しています。

商号 : 情報技術開発株式会社(略称:tdi)
代表者: 代表取締役社長 三好 一郎
所在地: 東京都新宿区西新宿六丁目8番1号 住友不動産新宿オークタワー
設立 : 1968年9月
資本金: 18億8,186万円
URL  : http://www.tdi.co.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る