• トップ
  • リリース
  • 旅客機の定期便誕生100年。エアラインはどこまで進化したか?

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社CCCメディアハウス

旅客機の定期便誕生100年。エアラインはどこまで進化したか?

(@Press) 2016年05月16日(月)10時30分配信 @Press

株式会社CCCメディアハウス(本社:東京都目黒区、代表取締役:中西一雄)は、機材、空港、乗務員、スタッフ、サービス…… エアラインを巡るあらゆる面を比較・調査した特集、Pen最新号「最強のエアラインを探せ!!」を2016年5月16日に発売いたします(一部地域は発売日が異なります)。存在感を増す中東の御三家から、豪華空港&絶景空港、ユニークなサービス、JALとANAの徹底比較までエアラインの最新情報を満載した大特集です。


「最強のエアラインを探せ!!」詳細
URL: http://www.pen-online.jp/magazine/pen/pen-406-airlines/


■「最強のエアラインを探せ!!」について
空の移動は、より快適に、より安全になりました。では、一体どれほどエアラインは進化したのでしょうか。世界中の航空会社を徹底調査し、比較した結果をご報告します。まずは豪華さ、スケール、サービスで図抜けた存在の中東の御三家を紹介。エティハド航空の空飛ぶ個室「ザ・レジデンス」は、専用バトラー付きで部屋が3つ、しかもベッドやシャワーもあります。エミレーツは大型機を大量に保有し、快適さを提供。カタール航空は、旅行者が絶賛するサービスを誇っています。

一方日本のエアライン、JALとANAは? さまざまな角度から両社の比較を試みました。年間の旅客数、座席利用率をはじめとする数字や、機上の花形であるCAの歴代制服、クラス別の機内食、小型機から大型機までの機材など。さらに自慢の海外路線、JALのホノルル線、ANAのミュンヘン線は、実際に飛んで確かめました。

ほかには、香港国際空港、ドバイ国際空港などの最新の海外空港事情や、日本の絶景空港、海外エアラインのユニークなサービス、日本発着のLCC8路線の紹介も。年間最多搭乗1022回を誇るパラダイス山元さんの「ある休日の搭乗記」といったユニークな記事もあって、充実のエアライン特集となりました。


■媒体概要
名称   : Pen
仕様   : A4変型版/オールカラー
特別定価  : 650円
発売日  : 2016年5月16日(月2回・毎月1・15日発行)
対象読者 : 30〜40代男性、ときには女性も
詳細URL : http://www.pen-online.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る