• トップ
  • リリース
  • 売電単価24円時代に対応した営農型発電設備「ソラグリ(R)」を販売開始 年間発電量を約10%アップし、農地を活かす

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

発電マン・ベリーズ株式会社

売電単価24円時代に対応した営農型発電設備「ソラグリ(R)」を販売開始 年間発電量を約10%アップし、農地を活かす

(@Press) 2016年06月10日(金)14時00分配信 @Press

発電マン・ベリーズ株式会社(本社:静岡市、代表取締役:岩堀 良弘)は、売電価格24円時代に対応するソーラーシェアリング(※)「ソラグリ(R)」を、発売いたします。
(※)ソーラーシェアリング…営農型太陽光発電。農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備等の発電設備を設置し、農業と発電事業を同時に行うこと。

ホームページ   : http://www.hatsudenman.co.jp/
ソラグリ紹介ページ: http://solagri.biz/


■太陽光発電・農業のパフォーマンスを最大限に活用する「ソラグリ(R)」
「ソーラー」+「アグリカルチャー」=「ソラグリ(R)」と名付けたソーラーシェアリングは、農地に設置された太陽光発電とその下部で行われる農業とのハイブリッド型収益モデルです。これまでのソーラーシェアリングは、固定資産税の安い農地を利用して太陽光発電の収益を得るのが目的のため、農業での収益はニの次、場合によっては形だけの農業というケースがほとんどでした。
「ソラグリ(R)」は太陽光発電と農業の両方のパフォーマンスを最大にすることを目指しています。太陽光発電の部分はパネル回転システムにより通常よりも年間発電量を約10%アップさせ、下部の農地では畑ワサビなどを栽培して全量買い取ることで、ほとんどロスなく収益化できます。
太陽光発電と農業の両方のパフォーマンスを最大限にすることで、売電単価が下がった状況でも充分採算が取れるモデルです。


■「ソラグリ(R)」見学について
「ソラグリ(R)」発売にあたり、設置場所の見学が可能です。
2016年7月9日(土)は掛川市内、7月16日(土)は沼津市内で見学会として行われます。場所は個人様の住所になりますので、詳細はお問い合わせいただいた方にお知らせします。


■今後について
当社は太陽光発電の実績が15年以上と、業界でも草分け的な存在であり、ソーラーシェアリングでも多くの実績を作ってまいりました。ただ農業がなおざりにされている状況を変えるべく、2年ほど前から自社で農業にも取り組んできました。特に当社は無農薬栽培の農業に力を入れており、今後太陽光発電と合わせて無農薬による栽培ノウハウの提案なども強化していく予定です。


■会社概要
商号  : 発電マン・ベリーズ株式会社
代表者 : 代表取締役 岩堀 良弘
所在地 : 〒420-0873 静岡県静岡市葵区篭上26-3
設立  : 2003年4月1日
事業内容: 発電設備の設計・施工、農業、家電販売
資本金 : 2,000万円
URL   : http://www.hatsudenman.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る