• トップ
  • リリース
  • エネルギー需要開発協同組合の設立について〜2016年電力小売・2017年都市ガス全面自由化に向けた基盤を形成〜

プレスリリース

エネルギー需要開発協同組合

エネルギー需要開発協同組合の設立について〜2016年電力小売・2017年都市ガス全面自由化に向けた基盤を形成〜

(@Press) 2016年05月13日(金)13時00分配信 @Press

エネルギー需要開発協同組合(以下「エネルギー協同組合」)は、中小企業等協同組合法に基づき、2016年4月15日(金)付で関東経済産業局長の認可を受け、4月20日(水)に設立登記を致しました。本日、5月13日(金)より運営を開始致しますのでお知らせ致します。


【設立の背景】
今般、改正電気事業法が成立し、2016年4月に電力小売市場の全面自由化がスタートしました。しかしながら、新分野への事業参入には、新たなサービスゆえに生じる多大なコストの負担や、電気料金という新たな債権の回収リスク等が懸念され、競争力をもって電気小売事業を行い、続けていくことのできる事業者は限られています。
LPガスというクリーンで災害に強いエネルギーインフラを支えてきたLPガス事業者の多くは小規模であり、適性価格での適正量の電力の確保、電気料金の回収リスクの回避等の点が重要な課題となっており、参入障壁が生じています。エネルギー協同組合は、そのような課題を解決し、エネルギー自由化時代でのLPガス事業者の経営安定化を図ることを目的に設立致しました。


【設立のねらい】
(1) 組合員の電力小売市場の参入機会獲得のための仕組みづくりの構築
エネルギー協同組合は組合員が小売電気事業者と締結する取次契約(小売ライセンス不要)、組合員が需要家と締結する電気小売供給契約に必要な業務をサポートし、組合員への電気小売ノウハウや情報等の提供、アドバイスによる協力支援を担います。

(2) エネルギー業界初の保証サービス
滞留債権保証により需要家の死亡・行方不明・破産等により滞留債権が6か月以上経過しても回収の見込みがない場合に、エネルギー協同組合から組合員に対し保証金が支払われます(支払い審査有り)。それに附随して需要家の怪我や病気による入院、非自発的理由による失業、「災害に強いLPガス」という優位性を貫くべく大規模自然災害などにより回収の見込みのない電気・LPガス料金(債権)をエネルギー協同組合が組合員に対して保証することにより、結果的に需要家に対して魅力的な電力小売サービス展開が可能となります。

(3) 社会貢献事業としての認知症の予防あるいは発症を遅らせる取り組み
現在、我が国の認知症の患者数は約460万人と言われており、これによる財政負担を軽減するために認知症施策推進総合戦略(注 1)が策定されております。認知症の発症予防のためには生活パターンの分析をし、そのパターンに沿って周りの方と接触し会話することが効果的であると言われていますが、エネルギー協同組合はこの活動をHEMS等によるエネルギーデータ分析や、LPガス事業者の地域に根ざしたネットワークとコミュニケーション力を活用し、問いかけ活動による認知症の予防および発症を遅らせることに取り組むことで、国の財政負担軽減および公共の福祉の増進に貢献致します。

以上、これらのエネルギー協同組合の活動を通じて2016年の電気小売全面自由化と2017年の都市ガス自由化後の新しいエネルギー業界において、LPガス事業者の新規事業参入機会の増大、滞留債権といった経営リスクの回避、LPガス・電気のお客様への安心のご提供を行って参ります。完全自由市場においてLPガス事業者がこれまで培ってきたネットワークとエネルギー協同組合が提供する支援サービスを組み合わせることにより、電力・ガス自由化の恩恵を、一部の大手事業者だけではなく、広くLPガス業界全体で享受できるように微力ながら力を尽くしたいと考えております。


■エネルギー需要開発協同組合 概要
名称     : エネルギー需要開発協同組合
設立許可日  : 2016年4月15日(関産認協第2414号)
法人成立日  : 2016年4月20日(0107-05-002444)
所在地    : 東京都品川区大崎一丁目6番1号
理事長    : 白川 勉(クレアールエナジー株式会社 代表取締役社長)
専務理事(員外): 福岡 彰 (元 株式会社セブン-イレブン・ジャパン取締役)
URL      : http://www.edd-coop.org/

<事業内容>
(1) 組合員のためにする電気の販売促進支援事業
(2) 組合員の電気の販売促進事業に係る滞留債権に関する債務の保証
(3) 組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上
  又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
(4) 組合員の福利厚生に関する事業
(5) 前各号の事業に附帯する事業


(注 1)厚生労働省「認知症施策推進総合戦略〜認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて〜(新オレンジプラン)」
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12304500-Roukenkyoku-Ninchishougyakutaiboushitaisakusuishinshitsu/02_1.pdf
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る