• トップ
  • リリース
  • ネイティブ広告向け記事型LP生成ツール「KataribeCMS」導入社数100社突破記念!導入支援キャンペーン5月12日スタート 〜新規登録でツール利用料が30日間無料に〜

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社カタリベ

ネイティブ広告向け記事型LP生成ツール「KataribeCMS」導入社数100社突破記念!導入支援キャンペーン5月12日スタート 〜新規登録でツール利用料が30日間無料に〜

(@Press) 2016年05月12日(木)11時00分配信 @Press

株式会社カタリベ(代表取締役社長:永瀬 義将、所在地:新宿区新宿、以下 カタリベ)は、インフィード広告をはじめとしたネイティブ広告などで活用する、記事型ランディングページ(以下 LP)生成ツール「KataribeCMS」の100社導入突破を記念し、導入支援キャンペーンを本日5月12日(木)より実施いたします。

「KataribeCMS」URL: http://service.katari.be/


【ネイティブ広告向け記事型LP生成ツール「KataribeCMS」とは?】
近年の広告形式のネイティブ化の流れを受け、カタリベが開発、販売を行っているLP生成ツールです。多彩なフォーマットで自由度の高い記事型LPを、デザイナーやコーダーなどがいなくても簡単に作成することができるため、ネイティブ広告を実施するお客様に活用いただき、好評を得ております。


【「KataribeCMS」の特徴】
(1) フォーマットが多彩で自由度の高いLP生成が可能
記事メインのLP、写真SNS風LP、まとめ記事風LP等、掲載メディア・訴求軸に合わせたLPの作成が可能です。

(2) 利用料は広告で使った分だけ、安心の低価格
ツール利用料は広告で発生したクリック数によって変動する従量課金制(※1)。何本LPを作っても、何回修正しても、これ以上の利用料は不要です。

※1 クリック数×3円(税別)がツールの利用料となります。
例)広告経由で1,000クリック発生した場合は、利用料は3,000円(税別)

(3) ユーザー体験談も使いたい放題
記事作成の際にユーザー体験談を活用したい場合は、マイクロブログ「Kataribe( https://katari.be/ )」でお題を出していただき、投稿記事を無償(※2)で活用いただくことが可能です。

※2 記事利用は「KataribeCMS」内でのみとなります。別途、自社サイト等でご利用いただく場合は有償となります。


【導入支援キャンペーンの概要】
記事型LPの需要の高まりを受け、「KataribeCMS」はリリース後半年(※3)で、お申し込み社数100社を突破いたしました。
そこで日頃の感謝の気持ちを込めて、下記キャンペーンを実施いたします。

※3 2015年11月末β版リリース

▼「KataribeCMS」導入企業様100社突破、導入支援キャンペーン特典
(1) 5月中に新規でお申し込みのお客様
2016年5月に新たにお申し込みをいただいたお客様限定で、ツール利用料を30日間無料とさせていただきます。

(2) すでにご契約されているお客様
すでに「KataribeCMS」をご利用されているお客様は、2016年5月16日(月)〜6月14日(火)の30日間、ツール利用料を33%OFFとさせていただきます。

*上記特典は、「KataribeCMS」のご利用料金のみ適用とさせていただきます。別途ライティングや構成作成のサービスをご契約されているお客様については、ツール利用料以外は適用範囲外とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。


【会社概要】
商号  : 株式会社カタリベ
代表者 : 代表取締役社長 永瀬 義将
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-2-9 JF新宿御苑ビル9F
設立  : 2013年6月21日
事業内容: eマーケティング事業
      オウンドメディア化、コンテンツマーケティング支援(Kataribe)
      インフルエンサーを活用したPRネットワークの提供(Soendo)
資本金 : 54,649,248円(資本準備金含)
URL   : http://corp.katari.be/


【本キャンペーンおよびプレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社カタリベ
担当 : 品川
TEL : 070-5553-5591
Email: j.shinagawa@katari.be
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る