• トップ
  • リリース
  • 大人の女性全員が憧れる“ぷるんな、ハリ肌”へ!人気スキンケア用品「素肌しずく」製品力を活かした“シズル感”満載の新CM公開中!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ブルーカレント・ジャパン株式会社

大人の女性全員が憧れる“ぷるんな、ハリ肌”へ!人気スキンケア用品「素肌しずく」製品力を活かした“シズル感”満載の新CM公開中!

(@Press) 2016年05月10日(火)17時30分配信 @Press

この度、「株式会社ティー・ワイ・オー」(代表取締役:吉田 博昭、以下TYO)のクリエイティブディレクションユニット、「03」(以下、ゼロスリー)は、食品やヘルスケア用品の開発、販売を行っている「アサヒグループ食品株式会社」(以下、アサヒグループ食品)の展開するスキンケアブランド「素肌しずく」のテレビCMや店頭グラフィックなどの広告の制作を担当いたしました。

アサヒグループ食品の展開する“素肌しずく“は、世界中で人気を博している「プラセンタ」を独自の技術で配合した、肌のハリに働きかける、大人の女性のためのスキンケアブランドです。

「ゼロスリー」は、3月7日より公開されているテレビCM、WEBページ、店頭グラフィックの制作を担当しました。広告の制作にあたり、新イメージキャラクターとして、40歳とは思えない美肌の持ち主である女優の黒谷友香さんを起用し、マスコットキャラクターには、ロゴマークをモチーフに大人の女性向けスキンケア用品としては異例とも言える子供系キャラクター「しずクン」を考案、ナレーションまで一貫して活用することで他社競合製品との明確な差別化をはかっています。

テレビCMでは、実際の製品を小さな指先に落とすというカットを組み込んでいます。このシーンは一切仕掛けがなく、撮影スタッフの技術と熱意で、保湿力が抜群な本製品のプルプルとした質感がわかりやすい表現を可能にしました。製品の特長を活かした映像づくりにこだわり抜いた作品となっており、注目を集めています。

<「素肌しずく」について>
「素肌しずく」とは、アサヒグループ食品が開発、販売している大人の女性向けスキンケアブランドです。
世界中で注目を集めているプラセンタを同社の研究所であるアサヒ研究所で独自配合し、より保湿力の高いスキンケア用品として2014年の発売以降大きな反響を呼んでいます。

■「素肌しずく」広告作品について

1.TVCM
『「もちあげる力」篇』
http://www.asahi-fh.com/shizuku/cm.html
出演者には、今回のコンセプトとマッチした、チャーミングな笑顔と大人の女性としての魅力を持つ女優、黒谷友香さんを迎えました。
空気入れを有効成分プラセンタの注入に、バランスボールを肌のハリに例えて、“ぷるんな、ハリ肌”をわかりやすく表現しています。
本製品を小さな指先に落として、製品特有の弾力感だけでキープするシーンを組み込むことで、質感をストレートに表現した映像に仕上げています。

2.グラフィック
『「もちあげる力」篇店頭グラフィック』
グラフィックデザインでは、顔だけでない全身の肌のハリ感を印象づけるために、デコルテ部分まで素肌が露出した黒谷友香さんのバストアップ写真を採用しています。

3.WEBサイト
『「素肌しずく」ホームページ』
http://www.asahi-fh.com/shizuku/

担当クリエイティブディレクター 岡村 靖弘(Creative Director/Art Director)
JWT在籍時に、ハーゲンダッツ、ラックス、モッズヘア、リステリン、リーチ、クラフト、ライトオンなど、多くのブランドを担当。CDは単に広告を生み出す職ではないと捉え、プロダクトやブランドなどジャンルを問わず、必要となるコミュニケーションにおいてクリエイティブディレクションは有効というクリエイティブポリシーから、自身も店舗内装のディレクションや、商品開発段階からのテーマ設定や研究などに携わり、広い領域で活躍しています。

【ゼロスリーとは】 (オフィシャルサイト http://zero3.tokyo/
広告企画制作会社である「TYO」のユニットのひとつ。コミュニケーション全体を設計する新しい価値を持ったユニットとして機能している“クリエイティブディレクションに特化”したブランドで、入り口からアウトプットまで最適なコストとスピード感で、“利益を生むクリエイティブ“を実現しています。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る