• トップ
  • リリース
  • イーウェル、第一回ホワイト企業アワードでダブル受賞 〜「東日本大賞」&「東日本ワークライフバランス部門賞」の二冠達成〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社イーウェル

イーウェル、第一回ホワイト企業アワードでダブル受賞 〜「東日本大賞」&「東日本ワークライフバランス部門賞」の二冠達成〜

(@Press) 2016年05月10日(火)11時00分配信 @Press

企業・健康保険組合の福利厚生代行や健康支援サービス及びそれに伴うコンサルティングを行う株式会社イーウェル(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:藤田 玲、以下「イーウェル」)は、一般財団法人日本次世代企業普及機構(所在地:大阪府大阪市、代表理事:明野 欣市、以下「JWS」)が主催する「第一回ホワイト企業アワード」において、応募企業142社の中から大賞に選ばれ、「東日本大賞」ならびに「東日本ワークライフバランス部門賞」をダブル受賞したことを報告いたします。

<4月26日(火)表彰式にて、賞状を受け取る代表取締役社長 藤田 玲>
https://www.atpress.ne.jp/releases/100828/img_100828_1.jpg


■イーウェルが取り組む、従業員のワーク・ライフ・バランス施策
イーウェルは2000年の創業時より、企業の人事・総務部門・健康保険組合に向けて、福利厚生施策や健康支援施策を提案してまいりました。その事業活動を推進する上で、第一に自社従業員のワーク・ライフ・バランス施策・制度と、働きやすい職場や環境づくりに注力してきた点、第二に自社の取り組みを通じ、広く世間に啓蒙活動を行ってきたこと、この二点が大きく評価され、「東日本大賞」ならびに「東日本ワークライフバランス部門賞」を受賞するにいたりました。

近年、従業員の健康維持・増進を経営的な視点で捉え、戦略的に投資を行う「健康経営」が注目を集めており、イーウェルではこれまでに培った福利厚生と健康管理の知見・ネットワークを活かし、企業の健康経営推進を支援するサービス提供を始めています。そして自社でもこの健康経営を実践しようと、「個人の働き方・生き方を充実させて、従業員も企業も成長する」というワーク・ライフ・バランスの考え方に、「健康でイキイキ働く」というキーワードを追加し、労働時間管理や働き方改革、健康経営オフィスを始めとした多様かつ柔軟な施策を実施しています。

個人に合わせた働き方として、育児・介護休暇制度や短時間勤務制度を設けている他、月に一日以上の計画的な有給休暇取得を推奨する「パワーアップ休暇制度」を導入し、従業員がリフレッシュして生産性向上を図れるような制度を導入しています。また年度目標設定シートでは目標残業時間を設定し、労働時間に対する意識を上司と部下で共有しています。

また、「健康でイキイキと働く」ために、オフィス環境にも配慮しています。毎日就業するオフィスの設計に、従業員の声、特に女性目線を多く取り入れ、働きやすさを追求した従業員参加型「ワーカーズデザインオフィス」を実現しています。具体的には、一部に芝生の“ガーデン”を意識した内装スペースを設け、休憩・リラックスはもちろんのこと、自由で創造的な発想を促すことを目的とする、生産性向上を狙ったオフィスとなっています。また、執務スペースでの食事は原則禁止とし、休憩スペースでしっかりと休憩を取ることで、オンとオフのメリハリをつけることを目指しています。

その健康配慮に優れた健康経営オフィスにて、従業員の自主的な健康維持・増進の取り組み「WelBeingプロジェクト」を実施しています。禁煙イベントやウォーキングキャンペーンを実行し、達成者だけでなく応援サポーターにまでインセンティブを付与するなどの、参加のモチベーションアップを図っています。


■施策事例
<リフレッシュスペース“ガーデン”>
執務室とは雰囲気が大きく異なり、自由で独創的な発想が生まれる場所です。
https://www.atpress.ne.jp/releases/100828/img_100828_2.jpg

<ウォーキングイベント>
健康増進と仲間との交流を深めることを目的としています。目標達成した社員には、インセンティブが付与されます。
https://www.atpress.ne.jp/releases/100828/img_100828_3.jpg

<年に一度のWELママ座談会>
育児休暇中のママと赤ちゃんが出勤し、先輩ママや職場の仲間と交流。復職への不安を取り除きます。
https://www.atpress.ne.jp/releases/100828/img_100828_4.jpg


そしてイーウェルが最も重要と捉えているのが、こうした施策や制度を策定するだけでなく、使うことができる職場環境・風土醸成を整えることです。多様な働き方や個人の経験・考え方が受け入れられ、活用され、その上で企業が同じ方向へ向かう、すなわち「インクルージョン」を大切にしています。それぞれの施策・制度を利用しやすい仕組み、上司や同僚の意識づくりにも積極的に取り組んでいます。

記念すべき第一回目のダブル受賞に、社員一同心より感謝しております。今後もイーウェルは、自社の従業員がイキイキと働ける環境づくりを推し進めるとともに、様々なライフシーン、ライフスタイル、価値観に応じた働き方・生き方の実現を支援する福利厚生サービスや、健康経営推進支援サービスを提供し、企業、ひいては社会の活性化へ貢献してまいります。


■一般財団法人日本次世代企業普及機構(JWS)について
JWSは、“次世代に残すべき素晴らしい企業=ホワイト企業”を増やしていく活動を目的に、2015年8月に発足。
「適正な利益・成長」「従業員満足度」「お客様からの信頼」の3つのポイントをホワイトバランスとし、指標化、アンケート・ヒアリング調査などの研究から、「ホワイト企業認定基準点」を策定。
次世代に残すべき企業、素晴らしい活動を続けている企業を表彰する「ホワイト企業アワード」を設け、西日本と東日本でそれぞれ第一回の受賞企業が発表された。
https://jws-japan.or.jp/

<JWS ロゴ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/100828/img_100828_5.jpg


【株式会社イーウェルについて】
所在地 : 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3番6号 紀尾井町パークビル
設立  : 2000年10月2日
資本金 : 499,992,500円
株主  : 東急不動産株式会社、住友商事株式会社、株式会社豊通シスコム
従業員数: 965名(2016年4月現在)
事業内容: 福利厚生メニューサービス「WELBOX」、健康支援サービス、
      福利厚生BPOサービス(財形・持株会等)
      会員向け付加価値向上サービス「CRM WELBOX」、
      保養所運営代行サービス「リフレッツ」などの
      福利厚生に関するコンサルティング及びサービス提供
URL   : http://www.ewel.co.jp/

「あったらいいな」から「なくてはならない」サービスへ
福利厚生サービスを通じて、“しあわせ”で、“安心”できる暮らしをサポートし、企業・社会の活性化に貢献する
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る