• トップ
  • リリース
  • 医療介護SNS「メディカルケアステーション(MCS)」を運営する日本エンブレースが産業革新機構、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル等を引受先とする、総額4億6,550万円の第三者割当増資を実施

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社日本エンブレース

医療介護SNS「メディカルケアステーション(MCS)」を運営する日本エンブレースが産業革新機構、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル等を引受先とする、総額4億6,550万円の第三者割当増資を実施

(@Press) 2016年04月28日(木)15時00分配信 @Press

医療介護専用SNSを軸にしたソーシャル医療介護プラットフォーム「メディカルケアステーション」を提供する株式会社日本エンブレース(本社:東京都港区、代表取締役兼CEO:伊東 学)は、株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝又 幹英)、SMBCベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石橋 達史)、みずほキャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齊藤 肇)等に対して、総額4億6,550万円の第三者割当増資を実施いたしました。今回の資金調達で全国的に普及しつつある医療介護SNS メディカルケアステーションのさらなる事業拡大を行います。


MCSは、2013年のリリース以降、順調に拡大を続け、2016年2月現在で全国の医療介護関連施設約2万件が利用しており、また120ヶ所以上の医師会で正式採用されています。在宅医療での多職種連携にとどまらず、病診連携、DtoD連携、福祉との連携やさらには認知症ケアネットワーク(当社プレスリリース参照)といった特定疾患でのコミュニケーションまで、地域包括ケアの中で必要な様々な連携を支えています。

今後は、様々な医療・健康関連のシステムを開発する企業等を巻き込んだ新たなアプリケーションやサービスを提供することで事業化を加速させるとともに、医師会を始めとする医療機関ともより一層連携し、予防から治療後支援までのトータル医療サポートを担う、社会インフラの確立を目指します。将来的にはIoT・AI等の先端技術とも連動させ、地域包括ケアプラットフォームとしてより良いサービスを提供し続けることも目標としております。ヘルスケアアプリ単体で閉じるのではなく、様々な医療システムやアプリが相互に関連しあいながら成長するヘルスケアエコシステムを目指します。


【産業革新機構のプレスリリース】
http://www.incj.co.jp/investment/info.html

【事業スキーム図】
http://www.incj.co.jp/PDF/1461744779.02.pdf


<株式会社日本エンブレース 会社概要>
会社名: 株式会社日本エンブレース
代表者: 代表取締役兼CEO 伊東 学
所在地: 東京都港区北青山1-3-2 クローバー青山ONE 9F
設立 : 2003年9月
資本金: 3億4,752万円
URL  : http://www.embrace.co.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る