パソコン作業のストレスを軽減する、快適な操作性

――では、Windows 7のどこが新しいのか、具体的にお聞きしたいと思います。OSの起動にかかる時間は、速くなりましたか?

タスクバーのアイコンを右クリックするとこのようにジャンプリストが現れて、最近使用したファイルがすぐに開ける。

 起動やシャットダウンにかかる時間は、Windows XPやWindows Vistaと比べて、Windows 7がもっとも短いですよ。スリープからの回復も速いですし、大容量ファイルも素早くオープンできます。しかし、やはりPCを使っている時間の多くは、ファイル操作を行なっているわけですから、起動時間の短縮よりも、操作性の向上こそが、パフォーマンスに貢献するのではないでしょうか。

――どのように操作性が向上したのか、森さんイチオシの機能を教えてください。

 まず、Windows 7では、タスクバーの機能が充実しました。Windows Vistaでタスクバーのアイコンにマウスポインタを重ねると、小さなサムネイルが出ますよね。Windows 7では、そのサムネイルにマウスポインタを重ねると、さらに全画面プレビューが表示されます。ポインタを外すとプレビューは消えるので、画面をアクティブにすることなく中身を確認したいときに便利ですよ。

――Wordで資料を書きながら、ちらっとインターネットの画面を確認したいときなど、便利そうですね。

 アプリケーションを閉じたいときは、サムネイル上に「×(閉じる)」ボタンが表示されるので、そこから1クリックで閉じられます。

ウィンドウをつかんで左右に振るだけで、それ以外のウィンドウがすべて閉じる。

また、タスクバーのアイコンを右クリックすると最近使ったファイルが一覧表示される【ジャンプリスト】機能も便利です。Internet Explorerならよく訪れるサイトが、WordやExcelなら最近開いたファイルが一覧表示されるので、タスクバーのアイコンを右クリック+ファイル選択で、直接お目当てのファイルが開けます。全体的に操作がシンプルになったんですよ。

――タスクバーに操作を集中させることで、今まで3クリックで開いていたファイルを2クリックで開けるようになったんですね。マウスポインタを大きく動かす必要もないので、操作ストレスが軽減する気がします。

 ウィンドウの操作も簡単になりました。アクティブなウィンドウをつかんで左右どちらかの端に寄せると、自動的に全画面の半分サイズになります。2つのファイルを並べて比較したいときに便利ですよ。さらに、ウィンドウを上に寄せると全画面表示になりますし、下に寄せると幅はそのままで上下いっぱいに拡大します。

また、ウィンドウの上部をつかんで左右に振ると、後ろに表示されている他のウィンドウがすべて最小化されます。たとえばデスクトップ上に保存したファイルをメールに添付したい場合など、メールウィンドウをつかんでシェイクするだけで邪魔なウィンドウが一掃され、ファイルが探しやすくなりますよ。ちなみに、もう一度シェイクすると、ウィンドウは元にもどります。

――なるほど。つかんで右に寄せるとか、つかんでフリフリするとか、このウィンドウ操作はシンプルで直観的です。わかりやすいですね。

 そうでしょう? 新しいOSにすると、新機能を覚えるための時間が負担だという意見もありますが、Windows 7は直観的な操作性にこだわって開発されているので、そういった不満はほとんど感じられないと思いますよ。

Windows 7好評発売中!

Windows 7で、普段使っているあなたのPCが、より簡単で使いやすくなります。いままで煩わしかった操作や待ち時間から開放され、家庭でも仕事でも思い通りに使えるPC環境を手に入れられます。