• トップ
  • リリース
  • 結成10周年を迎えたTHE BAWDIES。全国ツアーファイナルとなった熱狂の日本武道館公演をWOWOWでオンエア!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

結成10周年を迎えたTHE BAWDIES。全国ツアーファイナルとなった熱狂の日本武道館公演をWOWOWでオンエア!

(PR TIMES) 2015年04月22日(水)19時18分配信 PR TIMES

10th Anniversary! THE BAWDIES「Boys!」TOUR 2014-2015 Final 4月26日(日)夜10:30[WOWOWライブ]<br />

[画像1: http://prtimes.jp/i/1355/2674/resize/d1355-2674-714392-0.jpg ]



昨年、結成10周年&メジャーデビュー5周年を迎えたTHE BAWDIES。60年代テイストのスーツに身を包み、リズム&ブルースなどブラックミュージックに根差したロックンロールをかき鳴らす、その独自の存在感で熱狂的な支持を集めている。ライブバンドとしても知られる彼らが最新アルバム『Boys!』を引っ提げた全国ツアー「『Boys!』TOUR 2014-2015」の最終公演を3月29日、東京・日本武道館で開催した。WOWOWではこの模様を独占放送する。

かつて初来日したビートルズがロックコンサートを行ったこの地は、彼らにとって特別な場所だ。満員の観客を前に、「ロックンロールの聖地、日本武道館へようこそ! 心を裸にする準備はよろしいですか?」と呼びかけるヴォーカルROY。『Boys!』はシンプルかつキャッチーなロックンロールを満載した快作だ。パンチの効いた「NO WAY」などスピード感あふれるナンバーを熱いシャウトとともに繰り出し、会場を瞬く間に熱狂させていく。幼なじみの彼らはチームワークも抜群だ。アップチューンで畳み掛けつつ、メロウなミディアムナンバーで会場の空気を和ませるなど、絶妙な緩急のつけ方も痛快だ。「ロックンロールはみんなで楽しむものだということを伝えたい」というバンドの想いを受けて、観客もビートに合わせて体を揺らし、大きなクラップでバンドの演奏に応えていく。その一体感が大きなうねりとなって高揚感を生み出していく様は圧巻だ。

メジャーデビュー以前の楽曲のメドレーなど、この日ならではのスペシャルな趣向でも大いに盛り上げる。「LOVE YOU NEED YOU」ではゴスペルシンガーとしても活躍するOlivia BurrellとROYとのソウルフルな掛け合いで、「SOUL MAN」などのカバー曲ではOKAMOTO'Sのハマ・オカモトらゲストを迎え、ルーツミュージックへの敬意を評したセッションで会場を沸かせた。もちろん、シングル曲「ROCK ME BABY」「LEMONADE」「JUST BE COOL」なども披露。エネルギッシュな演奏で観客を歓喜させた。
[画像2: http://prtimes.jp/i/1355/2674/resize/d1355-2674-748124-3.jpg ]



THE BAWDIESにとって今回の武道館公演は2回目。強度を増したステージでライブバンドとしての圧倒的な存在感を示したことは、ファンにとっても嬉しいプレゼントになったに違いない。彼らが高らかに鳴らす理屈抜きで楽しめるロックンロール。その魅力を存分に堪能できるライブ番組は必見だ。


■■■WOWOW番組情報■■■
10th Anniversary! THE BAWDIES「Boys!」TOUR 2014-2015 Final
4月26日(日)夜10:30[WOWOWライブ]<br /> 特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/thebawdies/



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る