• トップ
  • リリース
  • FIFA会長賞受賞の賀川浩氏と宮本恒靖がクラシコ対談。伝統の一戦 クラシコを前に直前スペシャル番組を3/20(金)夜10:00〜WOWOWプライムにて無料放送

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

FIFA会長賞受賞の賀川浩氏と宮本恒靖がクラシコ対談。伝統の一戦 クラシコを前に直前スペシャル番組を3/20(金)夜10:00〜WOWOWプライムにて無料放送

(PR TIMES) 2015年03月19日(木)09時32分配信 PR TIMES


[画像: http://prtimes.jp/i/1355/2626/resize/d1355-2626-265475-0.jpg ]



リーガ・エスパニョーラの世界的2大クラブ、バルセロナとレアル・マドリードが誇りをかけて戦う“伝統の一戦クラシコ”。今シーズンの優勝を占う一戦は、3月23日(月)午前4:45から現地より独占生中継される。このビッグマッチを前に、先日のFIFAバロンドール授賞式でFIFA会長賞を受賞した世界最年長サッカージャーナリスト賀川浩氏と、リーガ・エスパニョーラ専属解説を務める元日本代表キャプテン・宮本恒靖氏がスペシャル対談を実施。世界最高峰のクラシコの見どころ、そして日本サッカーの未来について語った。

クラシコ特別番組『無料放送!バルサvsレアル直前SP 宮本恒靖、遠藤保仁・賀川浩とクラシコを語る』の公開収録という形で行われた今回の対談。宮本氏から「1月のFIFAバロンドール受賞式では、スピーチの際に“サインをもらってこいと言われた”というオチもついて、楽しく見させていただきました。FIFA会長賞を受賞されて、忙しくなったのでは」との質問に対して、賀川氏は「1月15日に帰国して以来、世の中が変わった気がしますね。スピーチは、やっぱり関西人なので笑いを取らなければと思って。メッシも私の英語で笑ってくれたのかと思いましたけど、実は同時通訳で聞いていただけというオチもつきました(笑)。」と答え、会場の笑いを誘った。

さらに、日本サッカーの成長に関してテーマが及ぶと、賀川氏は「デットマール・クラマー(「日本サッカーの父」と呼ばれる指導者)が来て、基本的なことを教えてくれたのが大きかった。1964年の東京五輪の時は1勝もできなかったら…という悲壮感がありましたが成功を収め、その後の人気低迷期にも下部組織の浸透やコーチの育成で改善を続けてきた。その60年の成果が出ていると思います」と豊富な経験に基づいた持論を展開。宮本氏も「僕も2002年W杯では、ホスト国として戦って結果を出せなかったらどうしようというプレッシャーがありました」と、選手の目線での意見を述べた。

そして、リーガのレベルの高さについて賀川氏は、「レアルが1950年代に強かった頃は、まだ全体のレベルがそれほど高いわけではなかった。それからマラドーナが行ったり、クライフが監督を務めた頃から、日本にもその質の高さが伝わり始めた。クラシコはスケールの大きさや、バルサ、レアルの両チームの充実ぶりを見ると、世界1位と2位のチームを決めるような試合ですから、やっぱり面白い」と評価。宮本氏も「それぞれのリーグで違った魅力がありますが、僕もリーガの試合が一番面白いと思います」と同調した。

他にも対談では、過去の日本のスター選手がもし現代に生きていたら、賀川氏が選ぶ歴代ベストイレブンなどにも言及。最後は賀川氏の夢として「ロシアのワールドカップに僕がいけば、93歳7か月となって史上最高齢のワールドカップの取材者になる。こうなったらヤケクソで狙いたい(笑)」との目標を聞いて、イベントは終了した。

記者による囲み取材では、お互いの印象について語った二人。宮本氏は「小学校のころから賀川さんは知っていましたが、良い意味で想像を裏切るバイタリティ溢れる方でした。いつまでも人は成長していけるところがあると、改めて感じさせてもらいました」と尊敬の念を表した。一方の賀川氏も「ツネさんは2002年W杯ロシア戦後に、これほど大きな試合で完璧なプレーができたのはなぜか聞いた時、“相手が非常にいいので、緊張感をもって試合をできた。そのせいかもしれません”と答えた。なかなか、そう言える選手はいない。それ以来ずっと期待しているホープなので、今後も頑張っていただきたい」と答えた。

最後に今回のクラシコへの期待感に関して宮本氏は「今回はイスコが良くて、中盤で引いて守る展開の中ではレアルが有利かなと思います。ただスアレスもいいし、勝ち点差の面でもホームのバルサに2-1ぐらいで勝ってもらって、リーガを盛り上げてほしい」とコメント。そして賀川氏は「特にレアルは体格の大きい選手が前線にいて、“1対1になったら俺のもんだ”と思って攻めてくる。その流れを見るのが、クラシコなどは非常に面白い。しかし、リーガには“よう、これだけいい選手がゾロゾロおるなぁ”という感じですよね。そういう部分で見ていて飽きないリーグだと思います」とリーガの魅力を語った。

今シーズンのリーガの覇権を賭けた“伝統の一戦 クラシコ”は、3月23日(月)午前4:45からWOWOWライブにて現地より独占生中継。また試合直前には、今回の宮本氏と賀川氏の対談を含めた特集番組『無料放送!バルサvsレアル直前SP 宮本恒靖、遠藤保仁・賀川浩とクラシコを語る』を3月20日(金)夜10:00からWOWOWプライムにて無料放送でお届けする。

■詳しくはリーガ・エスパニョーラ番組オフィシャルサイト(wowow.co.jp/liga)へアクセス!
http://www.wowow.co.jp/sports/liga/


◆◆◆WOWOW番組情報◆◆◆

★現地より独占生中継! リーガ・エスパニョーラ14-15 伝統の一戦 クラシコ<br /> 第28節 バルセロナvsレアル・マドリード
【放送日】3/23(月)午前4:45[WOWOWライブ]<br /> ゲスト解説:岡田武史、解説:野口幸司<br />

(関連番組)
★伝説のクラシコ<br /> 「沈黙のカンプ・ノウ 1999年バルセロナvsR・マドリード」
カンプ・ノウに響くバルサファンのブーイングの嵐を、ラウールのゴールが沈黙に変えた1999年の伝説の試合を放送。
【放送日】3/19(木)夜7:00[WOWOWライブ]<br />
「闘将プジョル誕生の日 2000年バルセロナvsR・マドリード」
後にキャプテンとしてバルサを率いるプジョルが、レアルへ移籍したフィーゴを完封した2000年の伝説の試合を放送。
【放送日】3/20(金)夜7:00[WOWOWライブ]<br />

★「無料放送!バルサvsレアル直前SP 宮本恒靖、遠藤保仁・賀川浩とクラシコを語る」
伝統の一戦クラシコ直前のバルサとレアルについて、元日本代表キャプテン宮本恒靖が現代表の遠藤保仁、FIFA会長賞受賞の賀川浩と徹底討論。試合の見所を大いに語る。
【放送日】3/20(金)夜10:00[WOWOWプライム]※無料放送


★クラシコ直前!メッシ特集
「252〜生きる伝説、リオネル・メッシ 10年の軌跡〜」
リーガ・エスパニョーラの通算最多得点記録を更新したリオネル・メッシ。彼のリーガ初得点から記録更新までの全252ゴールをお届けし、メッシの偉業の軌跡を振り返る。
【放送日】3/21(土・祝)午後5:00[WOWOWライブ]<br />
「サッカードキュメンタリー『Marcats per Messi〜メッシに魅せられて』」
13歳でスペイン・バルセロナに渡ったメッシ。初めてのチームメイトたちと14年ぶりに再会を果たす。地元TV局制作の感動ドキュメンタリーを放送。
3/21(土・祝)夜7:00[WOWOWライブ]<p>



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る