• トップ
  • リリース
  • 「ルオーとフォーヴの陶磁器」展開催【パナソニック 汐留ミュージアム】

プレスリリース

  • 記事画像1

「ルオーとフォーヴの陶磁器」展開催【パナソニック 汐留ミュージアム】

(PR TIMES) 2015年03月11日(水)11時30分配信 PR TIMES


[画像: http://prtimes.jp/i/3442/1635/resize/d3442-1635-346335-0.jpg ]



パナソニック株式会社の企業美術館、パナソニック 汐留ミュージアムは「ルオーとフォーヴの陶磁器」展を2015年4月11日(土)から6月21日(日)まで開催します。

▼「ルオーとフォーヴの陶磁器」展
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/15/150411/
▼「ルオーとフォーヴの陶磁器 」展 パンフレット(PDF:1.63MB)
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/15/150411/pdf/leaf.pdf

■ 開催趣旨<br /> 1906〜11年、パリ近郊、陶芸家メテの工房。
芸術の革新を担う若き画家たちが魅せられた、絵画と陶芸の競演。

20世紀初頭のフランスで、新しい表現を模索していたジョルジュ・ルオーやアンリ・マティス、アンドレ・ドランなどの画家たち。本展は、「フォーヴ(野獣)の画家」と称された彼らが絵付けした陶器を日本で初めて紹介する展覧会です。併せて、画家たちの制作に重要な役割を果たした陶芸家アンドレ・メテの生涯と作品を展観します。
激しい色彩を特徴とする絵画が出品された1905年のサロン・ドートンヌ(※)の展評に由来して、「フォーヴの画家」と称されるようになった画家たちは、時期を同じくする頃、陶器の絵付けに夢中になります。芸術と生活の結びつきを求める当時の芸術潮流の中、実験的な芸術運動を展開していた画家たちは、鮮明な色彩や輝くマティエール、そして大胆な装飾性を生み出す陶芸に強く惹きつけられます。画商ヴォラールの推奨や陶芸家アンドレ・メテの情熱もあり、画家たちは、メテの用意する皿や壺に、大胆な表現と巧みなタッチによる個性的な絵付けを施していきます。その新しい装飾性と色彩の輝きは、批評家やコレクターをおおいに魅了したのです。
本展は、特に実りある陶器制作を行ったルオーを大きく取り上げ、また知られざる陶芸家メテに焦点を当てながら、1906年から11年という短期間に集中して制作された画家たちのやきものを一堂に会して展観します。陶磁器、下絵、油彩、水彩、資料など約140点を通して、20世紀初頭における絵画と装飾芸術の関係を探り、見過ごされがちなフォーヴィスムの一側面を浮き彫りにします。フォーヴの画家とメテの陶磁器は、日本ではほとんど所蔵がなく、フランスからおよそ70点が初来日となる本展は、個性的な作品がそろいます。

※「サロン・ドートンヌ」とは:「秋季展」のこと。フランスの美術展のひとつで、毎年秋にパリで開催される。保守的なサロンに反発して、マティス、ルオー、マルケらが中心となって1903年に創立された。絵画、彫刻、装飾美術など様々な部門をもち、現在も開催されている。

■企画展概要
【名称】「ルオーとフォーヴの陶磁器」展
【会場】パナソニック 汐留ミュージアム
東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階<br /> JR 「新橋」駅より徒歩約8分、東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩約6分、都営大江戸線「汐留」駅より徒歩約5分
会場までのアクセス:http://panasonic.co.jp/es/museum/access/
【会期】 2015年4月11日(土)〜6月21日(日)
【主催】パナソニック 汐留ミュージアム、NHKプロモーション、毎日新聞社<br /> 【後援】在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会
【協賛】大日本印刷<br /> 【協力】エールフランス航空
【特別協力】ジョルジュ・ルオー財団<br /> 【休館日】毎週水曜日(但し2015年4月29日、5月6日は開館)
【開館時間】午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
【入館料】一般:1,000円、65歳以上:900円、大学生:700円、中・高校生:500円、小学生以下:無料、20名以上の団体:各100円割引、障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料で入館可能。
【担当学芸員】萩原 敦子

■関連イベント
<講演会「サロン・ドートンヌとフォーヴの陶磁器」>
【日時】2015年5月9日(土)14時〜15時30分(開場は13時30分)
【会場】パナソニック東京汐留ビル5階ホール<br /> 【聴講費】無料(ただし本展の観覧券が必要です。※半券可)
【講師】後藤 新治氏(西南学院大学教授 本展監修者)
※要予約 定員200名

<ワークショップ「マヨリカ・ペインティングに挑戦!」>
真白な素地に豊かな色彩で描くマヨリカ陶器の絵付けに挑戦しよう。
【日時】2015年5月30日(土)14時〜16時30分(開場は13時30分)
【会場】パナソニック東京汐留ビル3階ホール<br /> 【参加費】2,500円(焼成・発送費込み)
【対象】小学生以上
【講師】若林 和恵氏(陶芸家)
※要予約 定員20名

<<講演会・ワークショップへのお申し込みについて>>
【お申し込み方法】ハローダイヤル03-5777-8600へお電話にてお申し込みください。
【受付開始日】2015年3月2日(月)〜
【受付時間】8時〜22時
【必要事項】
1.イベント名、2.氏名(参加希望者全員の氏名が必要です)、3.住所、4.電話番号<br /> ※簡単なアンケートにご協力いただきます。
※受付は先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。
※お申し込み時にいただいた個人情報は、本イベントの受講管理の目的でのみ使用いたします。なお、お預かりした個人情報は、上述の目的での使用に同意いただいたものとさせていただきます。
※定員に達しなかった場合には、当日受付をする場合があります。

<学芸員によるギャラリートーク>
【日時】2015年4月25日(土)、5月15日(金)、6月6日(土) 14時〜(約40分)
※予約不要(当日展示室にお集まりください)

▼「ルオーとフォーヴの陶磁器」展
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/15/150411/
▼「ルオーとフォーヴの陶磁器 」展 パンフレット(PDF:1.63MB)
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/15/150411/pdf/leaf.pdf
▼パナソニック 汐留ミュージアム
http://panasonic.co.jp/es/museum/
▼【facebook】パナソニック 汐留ミュージアム
https://www.facebook.com/shiodome.museum
▼公式Facebookページ パナソニックの住まい・くらし方情報「すむすむ」
http://www.facebook.com/Panasonic.sumai

【お問い合わせ先】
パナソニック汐留ミュージアム
ハローダイヤル 03-5777-8600
http://panasonic.co.jp/es/museum/

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る