• トップ
  • リリース
  • 大空間を実現する「木+鉄」の複合梁、ロングスパン対応の「グランドテクノビーム」を発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

大空間を実現する「木+鉄」の複合梁、ロングスパン対応の「グランドテクノビーム」を発売

(PR TIMES) 2014年10月07日(火)11時48分配信 PR TIMES


パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、独自の耐震住宅工法「テクノストラクチャー工法」のプラン対応力のさらなる向上のため、「木+鉄」の複合梁(※1)テクノビームの商品ラインアップに、グランドテクノビーム(9.0および12.0)を新たに追加。テクノストラクチャー工法を採用している住宅会社を通じて、2014年10月1日より構造設計の受付を開始しました。 

近年、国産材の活用、特に建築用木材の利用拡大を目的に、非住宅も含めた建築物の木造化が推進されています。また、相続税制の見直しに伴い、不動産による資産運用が関心を集めており、高齢者施設など非住宅建築物の需要拡大が見込まれています。パナソニックは、最大スパン長さ6mまで対応可能だったテクノビームの商品ラインアップに、よりロングスパンへの対応が可能なグランドテクノビームを新たに追加。最大スパン長さ10mの対応により、高齢者施設などでニーズの高い大空間や広さを必要とする空間の設計自由度を高めました。

パナソニックは、本製品により、今後市場規模の拡大が見込まれる木造非住宅市場において、鉄骨造に匹敵するプラン提案力を強化し、高齢者施設などの大規模木造建築物において、2015年度に100棟の受注を目指します。

▼パナソニックESテクノストラクチャー株式会社<br /> http://panasonic.co.jp/es/pestst/

【品名】グランドテクノビーム9.0/グランドテクノビーム12.0
【発売日】2014年10月1日<br /> 【販売地域】沖縄・離島を除く全国のうち積雪150cm以下の地域
【販売目標】高齢者施設など大規模木造建築物100棟/年(2015年度)

1.対応スパンの拡大により、自由度の高い設計が可能<br /> 2.木梁で同性能を確保する場合に比べて、梁の大きさ(高さ)を抑制できるため、天井高や配管の制約が減少
3.現場でグランドテクノビームをつなぎ合わせる「剛接合対応」によって分割搬送が可能となり、ロングスパン対応でありながら搬送利便性が向上

※1:梁とは、床や屋根の垂直荷重をささえる構造部材です。

【お問い合わせ先】
お客様ご相談センター フリーダイヤル 0120-878-365(受付 9:00〜20:00)
エコソリューションズ社 ハウジングシステム事業部 住宅システム事業推進部<br /> 電話:06-6908-1131(代表 受付8:45〜17:30)

▼パナソニックESテクノストラクチャー株式会社<br /> http://panasonic.co.jp/es/pestst/
▼パナソニック エコソリューションズ社 公式Facebookページ<br /> http://www.facebook.com/Panasonic.sumai



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る