• トップ
  • リリース
  • 【累計50万部突破!の『100円コーラ』シリーズ著者による最新刊!!】『戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!』刊行

プレスリリース

  • 記事画像1

【累計50万部突破!の『100円コーラ』シリーズ著者による最新刊!!】『戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!』刊行

(PR TIMES) 2014年09月16日(火)12時34分配信 PR TIMES

中経出版ブランドカンパニー<br />
株式会社KADOKAWA 中経出版ブランドカンパニー(東京都千代田区)は、累計50万部を突破した『100円コーラ』シリーズの著者による最新刊『戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!』を刊行いたしました。

「セブンカフェ、マクドナルドのコーヒーが100円の理由は?」「スターバックスが広告費をかけない理由」「ネスレは無料なのになぜ儲かる?」など、コーヒー業界をみれば「最新ビジネス戦略」がすべてわかる!


ストーリー形式で最新のビジネス戦略が学べる1冊

・セブンカフェ、マック:100円コーヒーの本当の狙いは?
・スターバックス:広告費を駆けない「ブランドスパークス」
・ドトール:低価格競争の裏にある戦略とは?
・ネスレ:フリー(無料)なのになぜ儲かる?
コーヒー業界をみれば「最新ビジネス戦略」がすべてわかる!
最新ビジネス戦略がわかる10の物語

【本書のストーリー】
ブラック金融会社を逃げ出した新町さくら。とあるきっかけでコーヒー会社・ドリームコーヒーに入社するが、彼女がはじめて知ったコーヒー業界は「ビジネス戦略」の宝庫だった! 外資系のスタバ、異業種のセブン、マクドナルド、ドトールの価格競争、最大手ネスレのイノベーションなど超強力ライバルを相手に、さくらとドリームコーヒーはどう生き残るのか!?

本書の構成


プロローグ 1杯1000円のコーヒー!?
1杯目 ドトールの本当の勝因は「低価格戦略」ではない――ブルーオーシャン戦略を実現する4つのアクション<br /> 2杯目 「邪道」と言われた缶コーヒーでUCCが成功した理由――アンケートでは顧客のニーズはわからない
3杯目 マクドナルドがプレミアムローストで目指したもの――商品はポートフォリオで考える
4杯目 「コーヒーの香り」を失ったスタバが考え続けたこと――経営合理化と業績悪化のパラドクス<br /> 5杯目 ネスレはなぜコーヒーマシンを無償で提供するのか?――継続的に収益を生むための「ジレットモデル」
6杯目 5度目の正直で大ヒットしたセブンカフェ――顧客の課題より先に自社の強みを見極める
7杯目 「コーヒー界のアップル」ブルーボトルの第3の波――オープン&シェアの文化がつくる新しい市場<br /> 8杯目 お客はカフェの「何に」お金を払うのかか――新規事業の製品設計は3つのレベルで考える
9杯目 サステイナブルでないコーヒーは生き残れない――企業の社会貢献とマーケティング3・0
10杯目 スタバが広告費をほとんどかけない理由とは?――顧客との絆を強化するブランドスパークス<br /> エピローグ 新しいミッション!?

【商品情報】

著 者: 永井孝尚
定 価: 1400円+税<br /> ページ数: 256
判 型: 四六<br /> 初版発行: 2014/9

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る