• トップ
  • リリース
  • 同時通訳の訓練法を活用 超定番シリーズの初中級者向け決定版!『究極の英語学習法 はじめてのK/Hシステム』1月29日発売

プレスリリース

  • 記事画像1

同時通訳の訓練法を活用 超定番シリーズの初中級者向け決定版!『究極の英語学習法 はじめてのK/Hシステム』1月29日発売

(PR TIMES) 2015年01月29日(木)16時37分配信 PR TIMES

「基本文法のエッセンス」をしっかり理解することで英語の実力が大きく伸びる

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役社長:野田 亨、以下アルク)より、新刊『究極の英語学習法 はじめてのK/Hシステム』のご案内を申し上げます。
[画像: http://prtimes.jp/i/888/655/resize/d888-655-981605-0.jpg ]

中学英文法から1分間のプレゼンへ。中上級者向けの英語学習法本の超定番、「究極の英語学習法K/Hシステム」シリーズに初中級者向け書籍が登場。独自の概念&学習法をフル活用して、ゼロから「英語の感覚」を身につけます。

●特徴1:基本文法のエッセンスを分かりやすくレビュー<br /> この本の最大の特徴は、「基本文法のエッセンス」のおさらいをしていることです。過去20年、1万5000人以上の英語学習者に著者が研修を提供してきた中で、英文法をきちんと理解することで、初中級者の英語の実力が大きく伸びることが分かりました。この本では、文法アレルギーのある人にも抵抗感がない形で解説しています。

●特徴2:簡単なプレゼンテーションの英語を使って実践練習
実践練習で使う英文は、プレゼンテーションの典型的な導入部分です。英語として平易な一方で、実際のビジネスで多用される構文や表現が次々出てきます。初中級者のビジネスパーソンが、「英語の感覚」を身につけるには最適で、実用性を高い内容です。

●特徴3:実況解説をCDで学習
この本の付属CDには、著者による簡単な実況解説と、ネイティブスピーカーが読んだプレゼンテーションの英文が収録されています。実践練習のセクションでは、本とCDを活用して、段階を踏んで自己学習を深めていけるようになっています。

【目次】
Part 1 INTRODUCTION:序論
はじめに:K/Hシステム英語学習法とは何か
第1章:本書の目的と対象<br /> 第2章:本書で学ぶこと<br />
Part 2 WHAT:何を身につけるのか
第3章:「英語の感覚」の土台作り
第4章:「英語の感覚」として身につけること<br />
Part 3 HOW:いかに身につけるか
第5章:「英語の感覚」を作り込む実践練習の準備
第6章:「英語の感覚」を作り込む実践練習

Part 4 GOING FORWARD:継続
第7章:継続学習へのアドバイス<br /> 付録:文法解説

<商品情報>
【タイトル】『究極の英語学習法 はじめてのK/Hシステム』<br /> 【URL】http://www.alc.co.jp/book/7015015/
【価格】2,376円
【サイズ】A5判、292ページ<br /> 【付属商品1:CD】
●基本情報:CD1枚・合計1時間8分収録<br /> ●収録言語・英語&日本語
●収録内容:1分10秒のプレゼンテーション導入部分を多様な手法でアレンジし、多角的な英語学習ができるトラックと、著者による講義のトラックを収録。
【ISBNコード】978-4-7574-2615-3
【対象レベル】英語初級〜
【著者】国井信一、橋本敬子

……………………………………………………………………
<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク マーケティング部 河合(かわい)
e-mail:mark@alc.co.jp
TEL:03-3323-1253 (平日 9:00〜18:00)

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。語学情報ポータルサイトをはじめ、『ENGLISH JOURNAL』などの学習情報誌、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、eラーニング教材、書籍、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
URL:http://www.alc.co.jp/

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る