• トップ
  • リリース
  • 「英語で読めた!」を実感できる初級者向けリーディング対策『究極の英語リーディング Vol. 2』1月28日発売

プレスリリース

  • 記事画像1

「英語で読めた!」を実感できる初級者向けリーディング対策『究極の英語リーディング Vol. 2』1月28日発売

(PR TIMES) 2015年01月28日(水)11時09分配信 PR TIMES

レベルに合った素材を読むことで、挫折することなく英語のリーディング力を強化することができる「究極の英語リーディング」シリーズの第2弾<br />
株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表取締役社長:野田 亨、以下アルク)より、新刊『究極の英語リーディング Vol. 2』のご案内を申し上げます。
[画像: http://prtimes.jp/i/888/652/resize/d888-652-209861-0.jpg ]

「単語が分からない」「長文が苦手」「読むのが遅い」という初級者のリーディングのストレスを解消! 初級2000語レベルの語彙をベースに書かれた英文なら、料理のレシピから感動の実話まで「英語でこんなに読めた!」を実感できます。

●語彙制限で「知らない単語」のストレスを軽減
本書に収録されている英文は、初級レベルの語彙2000語をベースにして書かれています。1本当たり100語〜300語という読みやすい長さなので、すき間時間を活用したリーディング学習にも適しています。

●3ラウンド式学習法で速読力と読解力を鍛える
本書では、スラッシュリーディング、タイムトライアル、読解問題といったタスクを各英文に用意しています。これらのタスクに挑戦することで、速読力や読解力を効果的に鍛えることができます。付属CDには100WPM程度で読まれた音声を収録しています。さらに特典として、130WPM程度の速さで読まれた「速読練習用」の音声を無料でダウンロードしていただくことができます。

●バラエティー豊かな英文を32本収録<br /> 学習に使用する英文は、やさしい英語で書かれていると言っても決して子ども向けの内容ではありません。エンターテインメント性の高い記事から、TOEIC(R)テストにも出題されるような実用性の高い英文まで、実に多彩です。物語、エッセイ、実話を基にした記事、請求書、薬のラベルなど、1冊の中でさまざまなスタイルやトピックの英文に触れることができます。

*アルクが編集した「標準語彙水準12000」(Standard Vocabulary List[略称SVL 12000])のLEVEL 1のこと。SVL 12000について詳しくは&rArr;こちら http://www.alc.co.jp/vocgram/article/svl/

<商品情報>
【タイトル】『究極の英語リーディング Vol. 2』<br /> 【URL】http://www.alc.co.jp/book/7015016/
【価格】1,836円
【サイズ】B5判変型、248ページ<br /> 【付属商品:CD】CD1枚(約57分)
 ●収録言語・英語
 ●収録内容:巻頭のプレテスト、1章〜3章に掲載されている英文30編、巻末のファイナルテストの音声を収録。英語ネイティブスピーカーのナレーターが、100WPM程度(1分間に100語程度)の速度で朗読しています。
【ダウンロードコンテンツ】
 ●本書読者の特典として、付属CDより速い速度の「速読用音声」を無料でダウンロードしていただくことができます。速読用音声は130WPM程度の速度で読まれています。
【ISBNコード】978-4-7574-2617-7
【対象レベル】初級から(英検4級/TOEIC TEST 300程度から)
【編著】アルク英語出版編集部編

……………………………………………………………………
<本件に関する報道関係者向けお問合せ先>
アルク マーケティング部 河合(かわい)
e-mail:mark@alc.co.jp
TEL:03-3323-1253 (平日 9:00〜18:00)

[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。語学情報ポータルサイトをはじめ、『ENGLISH JOURNAL』などの学習情報誌、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、eラーニング教材、書籍、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
URL:http://www.alc.co.jp/

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る